日刊サイゾー トップ > 芸能  > ディーン・フジオカの人気に陰り!?

ディーン・フジオカの人気に陰り!? 謎の「単独初主演ドラマ」と、主演映画の思わぬ苦戦

 人気俳優ディーン・フジオカに、ちょっとした“異変”が起きている。甘いルックスで年配女性のハートをガッチリつかんでいるかにみえたが「緩やかではありますが、人気に陰りが見え始めている」(スポーツ紙記者)というのだ。

 ディーンは5月26日に主演映画『海を駆ける』の公開が控えており、宣伝部員は目下テレビや新聞、週刊誌に営業攻勢をかけているが……。

「これまでなら、二つ返事でOKが出ていたのに、メディアの反応が全体的に薄くなってきている。ある女性誌にグラビア掲載のお願いをしたところ、難色を示されたこともあった」(映画関係者)

 事務所サイドも空気の変化は感じ取っており、アノ手コノ手で盛り上げようと必死だ。ディーンは4月スタートの連続ドラマ『モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-』(フジテレビ系)にも主演する。確か、昨年10月期のドラマ『今からあなたを脅迫します』(日本テレビ系)に主演していたような気もするが、あれはあくまで武井咲とのW主演。しかも、当時はEXILE・TAKAHIROと“デキちゃった結婚”したばかりの武井に話題をかっさらわれてしまった。

 前出のスポーツ紙記者の話。

「そもそも同ドラマに主演したのは、同じ事務所に所属する小出恵介さんの不祥事による“尻拭い”といわれています。あのスキャンダルで日テレには少なからず損害を与えましたからね。つまり、本意ではなく、半ば仕方なく出た形。しかも、デキ婚した武井さんに話題を持っていかれてしまった。ディーンさんの事務所としては納得がいかず、今回、無理やり『民放単独初主演』という宣伝文句をつけたのでしょう」

 ディーンは新ドラマで、主題歌を担当。全編英語詞の楽曲「Echo」を書き下ろした。週刊誌記者いわく「ディーンのお粗末な歌唱力については、もはや説明不要。ちょっとヒドすぎてビックリしましたね。一部では、人気に陰りが見え始めたのは、歌手活動を始めてからという意見もあります」。

 単独初主演ドラマに主演映画、ディーンにとっては正念場となりそうだ。

最終更新:2018/04/01 10:00
こんな記事も読まれています

ディーン・フジオカの人気に陰り!? 謎の「単独初主演ドラマ」と、主演映画の思わぬ苦戦のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

謎の集団「ケケノコ族」を直撃

 1980年代に原宿の歩行者天国で一世を風靡した「竹の子族」からインスパイアされ、...
写真