日刊サイゾー トップ > 芸能  > 三浦翔平のデート服がヤンキー

「ヤンキー感が凄い」 三浦翔平の私服にドン引き!? 桐谷美玲とのデートで披露した“黒マスク”

三浦翔平の公式インスタグラム(@shohei.63)より

 4月2日、光文社のニュースサイト「Smart FLASH」が、桐谷美玲と三浦翔平のデート現場をスクープした。ネット上では2人の熱愛よりも、三浦の私服に注目が集まっている。

「Smart FLASH」によると、2人は東京・六本木ヒルズ内の映画館で合流し、一緒にディズニー映画『リメンバー・ミー』を鑑賞したそう。お揃いの黒いキャップとマスクで顔を隠している2人は、周囲に気づかれることもなく映画館から出てきて、帰りのタクシーに乗り込んでいったようだ。

 桐谷と三浦が交際するきっかけになったのは、2016年7月期の月9ドラマ『好きな人がいること』(フジテレビ系)での共演と言われている。17年12月発売の「女性セブン」(小学館)では、同じマンションに住んでいるとの報道が。その後、12月24日放送の『行列のできる法律相談所 2時間生放送クリスマスザンゲSP』(日本テレビ系)で明石家さんまから熱愛をツッコまれた桐谷は、「ネット見ろ、ですよ」と暗に交際を認める発言をしていた。

「交際自体は多くの人がすでに知っていたことなので、映画館でデートをしようと反応が薄いのは当然。それよりも今回撮られた写真に写っている三浦が、白のパーカーに黒いマスクをつけていたことに衝撃を受けた人が多いようです。ネット上では『黒のマスクしてる人は個人的に無理』『黒マスクとか逆に目立つだろ。なにしてんだ』『昔の暴走族かよ』『黒マスクはヤンキーがつけてるイメージ』『私服だけでヤンキー感がすごい』といった声が続出。黒マスクは韓国のアイドルグループなどが着用した影響で韓国の若者の間で流行っているそうですが、日本ではあまり馴染みがないのかもしれません」(芸能ライター)

 三浦以外にも、このように“熱愛報道”記事が“私服がビックリ”記事に変わってしまった芸能人が多くいる。

「最近では、『FLASH』(光文社)に森川葵との熱愛疑惑を撮られた高橋一生に同じ現象が起こりました。高橋は黒のレザージャケットに黒の帽子、黒いズボンと全身真っ黒で、さらにズボンの辺りにはチェーンが。これにネット上では『予想外にゴリゴリでびっくり』『チェーンはやべえよ…』『イメージと違い過ぎで愕然とした』と驚きの声があがっています」(同)  

 しかし三浦も高橋も、“変装”だと思えばかなり上手と言えそうだ。

最終更新:2018/04/03 19:00
こんな記事も読まれています

「ヤンキー感が凄い」 三浦翔平の私服にドン引き!? 桐谷美玲とのデートで披露した“黒マスク”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

小室圭氏は眞子様の相手として合格

いよいよ今年も残りわずか。2019年のワイド...…
写真
インタビュー

神の沈黙を描き切った注目の新鋭監督

 神さまは本当にいるの? 人間は死んだらどうなるの? 誰しも子どもの頃に頭を悩めた問...
写真