日刊サイゾー トップ > 芸能  > 広瀬アリスが“お見合い”を全否定

広瀬アリス「本当に失礼しました!」 バラエティー番組での“お見合い軽視発言”に批判殺到

『今夜くらべてみました』オフィシャルサイトより

 4月11日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に、女優の広瀬アリスが出演。最近は妹の広瀬すずとも負けず劣らずの人気を集めている彼女だが、番組内でのとある発言に「これは失言でしょ」と批判の声が上がってしまった。

 この日の番組にはドラマ『正義のセ』(日本テレビ系)に関わる面々が番宣で登場。出演女優の広瀬と吉高由里子の他、原作者の阿川佐和子も交えてトークを披露している。問題のシーンは、阿川が“お見合いエピソード”を語っていた時の一幕。昨年60代で初婚を迎え世間を驚かせた阿川だが、実は21歳の頃から30回以上のお見合いを重ねてきたという。

 すると司会の後藤輝基が「時代もありますけど、アリスちゃんはお見合いって考えたことある?」と話題を振った。これに広瀬は「全くないです」と否定し、「(お見合いを)するぐらいなら一生独身でいいです」「だって人に決められるの嫌じゃないですか?」とコメント。気づけば何度もお見合いを重ねてきた阿川は微妙な表情をしており、広瀬は「本当に失礼しました!」と謝っている。

「まさかのお見合い否定発言に、共演者の吉高も『悪気ない悪気ない』とフォロー。阿川も冗談であえて悲しそうな表情を作っていただけなので、番組的にはとても良い雰囲気でした。しかし阿川の他にも、世間には“お見合い”で結婚する人が多数存在します。今回の広瀬の発言はそのような人たちの結婚の在り方を『否定している』とも捉えられかねないものでした」(芸能ライター)

 案の定視聴者からは「とても視野が狭い発言。お見合い結婚の人たちに失礼」「個人の感想なのはわかるけど、テレビで言うことじゃない」「こんな発言炎上するに決まってるのに……明らかに想像力が足りない」といった批判が。また「広瀬すずよりは、まともだと思ったのになぁ」とがっかりする人も少なくない。

「やはり“失言”といえば妹の広瀬すずですよね。中でも『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)での“スタッフ軽視発言”は有名で、後に自身のTwitterで謝罪するほどの炎上騒動に発展。また『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)では、『洗濯機を買えばいいのに……』と“コインランドリー利用者軽視発言”をしています。炎上を繰り返す妹に比べ、広瀬アリスは『常識人』だと思われていたのですが……」(同)

“広瀬すずの姉”ではなく、広瀬アリス個人として評価され始めてきた中での“お見合い軽視発言”。あまり大きな爪痕にならないことを祈るしかない。

最終更新:2018/04/12 19:30
こんな記事も読まれています

広瀬アリス「本当に失礼しました!」 バラエティー番組での“お見合い軽視発言”に批判殺到のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

加藤ひさしが語る32年間の軌跡

 ザ・コレクターズは不思議なバンドだ。1987年にメジャーデビューして以来、アルバム...
写真