日刊サイゾー トップ > 芸能  > さんまとカトパンを引き裂くIMALU

明石家さんま、“ただならぬ仲”の加藤綾子と「再婚へ」とならないのは、娘のIMALUが原因か!?

明石家さんま公式ホームページより

 フリーアナウンサーの“カトパン”こと加藤綾子が4月9日に都内で行われた『DMM.com証券 記者発表会』に出席し、自身の結婚について語ったことが話題を呼んでいる。

 「DMM株」の新イメージキャラクターに就任した加藤は、自身の今後10年の未来を予測。その際に「今が真ん中、通常で、そこから2020年の東京オリンピックで気持ちが盛り上がると思う。オリンピックが終わって、ちょっとオリンピックロス。通常に戻って、そのあとに結婚とか出産があったら」と、自身の人生計画についてトーク。結婚相手について聞かれると「どんな人なんですかね? 誰なんですかね?」と笑顔を浮かべていた。

「カトパンの結婚といえば、明石家さんまさんの顔しか浮かびませんよね」と語るのは、テレビ局勤務のS氏。明石家さんまと加藤の関係といえば、09年から『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)でコンビを組み、その仲の良さは周知の事実。さんまが62歳の誕生日に加藤にプロポーズしたとの報道もあり、昨年11月には米ニューヨークでの密会もスクープされた。2人はそれぞれ関係を否定していたが、業界では2人の間に恋愛感情があると見る者も多いという。

 S氏は「さんまさんと加藤アナの結婚はあり得るが、1つ大きな問題がある」と明かす。それは、さんまが溺愛する実娘・IMALUの存在だという。

「IMALUさんが加藤アナとの結婚に大反対しているという話があるんです。IMALUさんが昔からさんまさんの遺産分配問題で再婚に反対しているというウワサがありますが、それに加えて加藤アナが現在32歳、IMALUさんは28歳と年齢が4つしか離れていません。自分と4歳しか離れてない女性が義理の母というのは、抵抗があっても不思議ではないでしょう」

 IMALUは15年7月1日放送の情報番組『ノンストップ!』(フジテレビ系)にて、さんまの再婚について「素敵な人と出会ってほしい」「再婚でもいいし、彼女作るのでもいいし」とトーク。しかし「女性から好かれる女性」「スタイルがいいから、顔が良いからっていうよりも中身重視」「老後のケアをしてくれる人」という条件があるとし、「もし連れてきたら、私が厳しくチェックしたい」と話している。

「これは完全に加藤アナに対する牽制だと業界では言われていました。また、IMALUさんは昨年、AbemaTVで放送された番組で、父親の100億円といわれる資産について聞かれた際、『自分が相続するのではなく、父親が後輩や会社に分配したり、寄付するのでは』と話してます。そして、さんまさんがこの発言を受け、自身のラジオ番組で『わが娘の読みは素晴らしい』『あんまり子どもたちにはお金を残さない方が、子どもたちのため。残したらロクなことない』と話してるんです。ただでさえ親の考えから遺産が少なくなりそうなのに、新しい義母や兄弟が増えたら困りますよね」(芸能事務所勤務)

 再婚したい気持ちはあっても、愛娘とモメたくないのが男親というもの。さんまがもう一度、人生の伴侶を得る日は来るのだろうか?

最終更新:2018/04/12 23:00
こんな記事も読まれています

明石家さんま、“ただならぬ仲”の加藤綾子と「再婚へ」とならないのは、娘のIMALUが原因か!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(3)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真