日刊サイゾー トップ > 芸能  > 関ジャニ・渋谷、脱退報道で叩かれる

関ジャニ∞・渋谷すばる「ソロ活動は無理」 !? 謎の脱退報道で叩かれてしまう

『渋谷すばる LIVE TOUR 2016 歌 [Blu-ray]』(インフィニティ・レコーズ)

 4月13日発売の「フライデー」(講談社)で、関ジャニ∞・渋谷すばるの脱退疑惑が報じられた。突然のことにファンは動揺を隠せないようだが、一部からは「実力的にソロ活動は無理でしょ」と冷ややかな声が上がっている。

 記事によると、渋谷は「アイドル路線にはもうこれ以上付き合えない」と脱退を決意したのだという。どうやら本格的にミュージシャンとして活動したがっているようで、関ジャニ∞特有の芸人顔負けな活動とは折り合いがつかないようだ。

 今年の夏には5大ドームツアー「関ジャニ’sエイターテインメント GR8EST」を控えている関ジャニ∞。5月には2枚目のベストアルバム『GR8EST』が発売され、4月7日にジャケットが公開されたばかり。そんな中、グループのメインボーカルとしてお馴染みの渋谷が脱退すると報じられ、ファンは大混乱。SNSでは「脱退したら誰が歌を引っ張るの?」「このタイミングで脱退なんてありえない!」「渋谷すばるを信じろ!」といった声が上がっている。

「渋谷は関ジャニ∞のみならず、ジャニーズの中でも突出した歌唱力を持っています。『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)でのバンドセッションでも、渋谷の担当はボーカル。2015年には初のソロアルバム『歌』をリリースし、16年にはソロツアーを見事完走しました。グループを歌で引っ張って来た渋谷ですが、一方で関ジャニ∞を脱退しても通用するミュージシャンなのかどうかは疑問が残ります」(芸能ライター)

 脱退報道にネット上では「声質にかなりクセがあるし、グループを抜けたらファン層が絞られそう」「上手いけど大衆向きな歌い方じゃないしなぁ……」「ファンの人には悪いけど、『関ジャニの渋谷すばる』だから売れてるだけ」「ミュージシャン志望が本当だとしたら勘違いしてると思う」といった声も。まだ脱退が決まったわけではないようだが、散々な言われようだ。

「そもそも本当に『脱退』するのかについて、疑問を投げかける人も少なくありません。というのも今は5大ドームツアーを控えた大事な時期で、本当に脱退するのだとしてもタイミングが悪すぎます。また4月11日に行われたブルーノ・マーズの来日公演では、メンバーと仲良くライブを楽しんでいる渋谷すばるの姿が目撃されていました」(同)

 結局脱退しないのだとしたら、渋谷はただの叩かれ損ということに。しかし、いつかはソロ活動が報じられても、世間を納得させるほどのアーティストになってもらいたい。

最終更新:2018/04/13 19:46
こんな記事も読まれています

関ジャニ∞・渋谷すばる「ソロ活動は無理」 !? 謎の脱退報道で叩かれてしまうのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【前編】

 作家・塩田武士が元気だ。グリコ・森永事件をモチーフに大胆な作劇で話題をさらった『罪...
写真