日刊サイゾー トップ > 芸能  > 吉高由里子の“大好き”発言に批判

吉高由里子、「『火垂るの墓』大好き!」ツイートで「内容を美化するな!」「“大好き”なのは自分だろ」と批判の的に……

吉高由里子公式Twitterより

 日本を代表するアニメーション監督の1人である高畑勲氏が4月5日、82歳で亡くなった。この高畑氏の訃報を受け、日本テレビでは、4月13日に『金曜ロードSHOW!』で放送予定だった『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』を急きょ変更し、高畑氏の代表作『火垂るの墓』を放送した。

 この放送を前に、女優の吉高由里子が自身のTwitterにて、同作についてツイート。「火垂るの墓 大好きで 何回も見てたな 蛍が見たくなったし 白米よりも雑炊食べたくなったし 生きてるっていう素晴らしさを 教えてくれた作品だった 時代の流れを見てるはずなのに 50年100年が 世界をこんなにも変えるんだなと その時代の感動や美しさや哀しさを 教えてくれた 今もそうなんだろうね」と同作への想いを語っていたのだが、この発言に対し批判する声が上がっているのだ。

「吉高さんの『火垂るの墓 大好きで 何回も見てた』『白米よりも雑炊食べたくなった』という部分に違和感を持ったファンが多くいたようで、『何回も「火垂るの墓」見るのはまだわかるけど、「大好き」っておかしい』『当時は白米が食べられなくて雑炊食ってたんだよ! なのに「雑炊食べたい」とかいう神経がわからない』『辛い内容なのに美しい話にまとめるな!』と批判する声が上がっていました」(放送作家)

 吉高としては、同作を見たことで、“生きることの大切さや平和の素晴らしさを感じた”と伝えたかったはずだが、一部のファンにはこの文章の思いが届かなかったようだ。また、吉高はたびたび、詩的なツイートをしているが、それが気に食わないというアンチファンから、ここぞとばかりに吉高を揶揄する声が上がっているという。

「吉高さんがTwitterに上げる詩的な文章が気に入らないと、『キラキラした言葉でアピールしたかったのかしら?』『ドラマの宣伝のために目立ちたかっただけでしょ!?』『“大好き”なのは「火垂るの墓」じゃなくてそのツイート書いてる自分だろ』と揶揄する声もネット上では聞こえていましたね。ほとんど、やっかみにしか聞こえないのですが……」(同)

 吉高の言葉のチョイスが悪かったために、起こってしまった今回の批判。吉高には悪気がなかっただけに、かわいそうとしか言いようがない。

最終更新:2018/04/16 20:00
こんな記事も読まれています

吉高由里子、「『火垂るの墓』大好き!」ツイートで「内容を美化するな!」「“大好き”なのは自分だろ」と批判の的に……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

 事件は1981年6月11日に起きた。パリに留学中だった佐川一政は、好意を抱いて...
写真