日刊サイゾー トップ > スポーツ  > 高梨沙羅がまたもアンチを増やす失言

高梨沙羅、またアンチを増やした“余計な一言”「173センチ以上の人が……」

『おしゃれイズム』公式インスタグラム(@oshare_ism_ntv)より

 スキージャンプの高梨沙羅が、22日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に出演。平昌五輪では銅メダルを獲得し、日本中を沸かせた彼女だが、不用意な発言が視聴者の反感を買っている。

 10代前半から世界を転戦し、世界トップクラスのジャンプ選手として活躍してきた高梨。2014年のソチ五輪では金メダル確実とまでいわれながら4位に終わった彼女は、平昌五輪で見事に雪辱を果たしたが、ソチから平昌までの4年間で、世間の風向きは大きく変わっていた。週刊誌のフリー記者が語る。

「ソチでメダルを逃した頃は、応援の声が圧倒的に多かった高梨ですが、ここ1~2年、成績が少しずつ落ち始めると、それに反比例するかのように、化粧に力を入れるようになりました。普通に考えれば、20歳前後の女の子が化粧をしないほうが不自然ですが、ネットには整形説を唱える者や、『化粧してるヒマがあるなら練習しろ』といった書き込みが寄せられるようになりました。世間が高梨に期待するイメージは、“北海道生まれの素朴な子が、世界を相手に頑張っている”というものだったわけです。そして彼女が一気に“ヒール化”したのが、“ベンツ事件”です。メルセデス・ベンツが発行する冊子に高梨が登場し、彼女の愛車が約2,000万円のベンツだということが判明したため、『調子に乗るな』『応援する気がうせた』という声が殺到。大量のアンチを生みました」

 しかし、そんな逆風にもめげることなく、高梨は平昌五輪で銅メダルを獲得。アンチの声も静まりつつあったが、『おしゃれイズム』では口が滑ってしまった。テレビ関係者が語る。

「高梨は、『好きなタイプは?』という質問に、『身長が高めの人。173センチ以上あれば……』と答えたのですが、これはマズかったですね。彼女は聞かれたことに素直に答えただけでしょうが、対象外にされた男性は面白くありません。その昔、ナイナイの岡村隆史が巨乳好きを公言していましたが、ある時期からそういった発言を控えるようになりました。コンプライアンスや放送コードに引っかかるような類いのものではありませんが、公の場で身体的特徴の好き嫌いを述べると、人間としての資質が疑われますし、本人に何のメリットもありません。高梨は、23日に放送された『帰れマンデー見っけ隊!!』(テレビ朝日系)では、同じ質問に『見ていて“自分も頑張ろう”と思えるような人』と100点満点の回答をしていますが、本音は『173センチ以上の人』なのでしょう」

 平昌でメダルを獲得し、“ベンツ事件”もウヤムヤになりかけた頃に飛び出した「背の低い人はイヤ」発言。一連の番組には短いオフシーズンを利用して出演しているようだが、それで好感度が下がるようでは、まさに徒労としか言いようがなさそうだ。

最終更新:2018/04/25 10:00

高梨沙羅、またアンチを増やした“余計な一言”「173センチ以上の人が……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

西寺郷太が提唱!ノートの書き方

NONA REEVESのソングライター、ボーカリストとして活躍するだけでなく、マイケル・...
写真