日刊サイゾー トップ > 芸能  > “クセあり”マネジャーエピソード

“関係者は見た!”売れっ子芸能人たちの“クセあり”マネジャーエピソード「朝飯食い逃げ」「タレントを“ブス”呼び」

イメージ画像「足成」より

 タレントの窓口役となるマネジャー。スケジュール調整や営業と毎日忙しく働いているが、中には少し癖がある人物もいるようだ。今回は今売れている芸能人たちのマネジャーエピソードを紹介したい。

 まずは、人気ダンスパフォーマーグループのメンバーを弟に持つ女性モデルでタレントのA。彼女のマネジャーがとったある行動が、「今でも印象に残っている」と、女性誌ライターは明かす。

「早朝ロケ撮影ということで、Aやヘアメイク、スタイリストなどのスタッフが朝早い集合時間ぴったりに集まりました。その後少し遅れてAのマネジャーが車で到着。Aのヘアメイクも終わり、用意していた朝ごはんを食べて、そろそろ撮影に出発とロケバスに乗り始めたら、AのマネジャーはAを現場に残して帰ったんです。朝ごはんだけ食べて、さようならという対応に驚きました(笑)」

 朝ごはんだけを食べて帰るとは、いい笑い話になりそう。ちなみに、女性誌ライターいわく、「電話ではとても感じが良く、スケジュールの対応も良かったという印象だったため、びっくり度が増しました」とのこと。

 Aのマネジャーのように、きちんと職務をこなしていればいいのだが、対応がひどすぎるマネジャーも中にはいるよう。ある情報誌編集者は、先日人気俳優との熱愛がスクープされた女優Bのマネジャーに対して「不快感しか残っていない」という。

「Bに出演オファーをかけたのですが、返事の催促をしても一向にマネジャーから折り返しがない状態に。しかし、1週間ぐらいして急にマネジャーから連絡があり、『折り返すのを忘れてました』という言葉に、内心『ひどいな』と思いました。その上、撮影も『2日後であればできますけど』と上から目線で言われ、あ然としましたね。2日でカメラマンやヘアメイクなどのスタッフを集めるなんて、ほぼほぼ不可能ですから。結局、断りましたよ」

 Bが売れっ子だけに忙しいのはわかるが、マネジャーとして『返信を忘れた』という発言はいかがなものだろうか。その上、2日後を提案するとは相手に迷惑極まりない。

 さらに、人気モデルで酒豪としても有名な女性タレント・Cのマネジャーは、今まで聞いたことがない言葉を連呼していたという。

「Cの出演をオファーした際、マネジャーから『Cが一緒に仕事をしたことがあるスタッフがいい』と言われ、必死に集めたんですが、ヘアメイクが見つからずマネジャーに相談しました。すると、マネジャーは『ウチのCはブスなので、絶対Cと仕事したことがあるヘアメイクじゃないとダメだ』と回答。マネジャーがあまりにも『ウチのCはブス』と連呼するので、そこまで自分のところのタレントをそんなに卑下しなくてもと思ってしまいましたね(笑)」(広告代理店勤務)

 もしかしたら、関係者の記憶に残るマネジャーが付くほど、タレントの人気が出るのかもしれない。

最終更新:2018/05/03 10:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

“関係者は見た!”売れっ子芸能人たちの“クセあり”マネジャーエピソード「朝飯食い逃げ」「タレントを“ブス”呼び」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

井上淳一が語る、若松孝二の功罪

 そこはまさに“夢の砦”だった。ピンク映画『甘い罠』(65)で映画界に殴り込んだ若松...…
写真