日刊サイゾー トップ > 芸能  > なぜインスタは「燃えやすい」?

石田ゆり子の炎上に見る“扱いの難しさ” なぜ、インスタグラムは「燃えやすい」のか

石田ゆり子のインスタグラム(@yuriyuri1003)より

「きのうの投稿、削除いたしました。色々考えましたが…」

 女優の石田ゆり子が、自身のインスタグラムで掲載した内容に批判が殺到、当該投稿を削除する事態となっている。

 店員とのやりとりの中で、距離の近さを指摘した上で過剰とも思える接客内容を指摘していたのだが、これが炎上。最終的に消すことに決めたようだ。

 石田本人は「わたしは接客すべてを全否定など全くしておりません(中略)日々のおもったことを書いただけなのですが」(原文のまま)と真意を説明。「たくさんのご意見ありがとうございました」と締めくくりながらも「…きをつけますね」と無念さをにじませている。

 芸能プロ関係者は「石田さんの投稿内容は決してマズいものではない」としながらも、「芸能人の情報発信には本当に気をつけないといけない」と警鐘を鳴らす。というのも「最近、芸能人のインスタグラムは、完全な“宣伝ツール”として活用する人と、彼女のように日常に思ったことを綴る人に分かれる。ただ、世間一般では前者の印象を持つ人が多いのも事実。となれば当然、内容がどうであれ、芸能人の投稿に批判的な目を向ける人も多い」と指摘する。

 そうなれば、ちょっとした書き込みが「即、炎上に直結するリスクは以前よりも増している」。今回、彼女のインスタがそうした災難に見舞われたのも「叩きやすいと判断されたのでしょうね」と気遣う。

 アラフィフ女優としてもテレビドラマや映画で活躍する石田。今回は思わぬ形で足をすくわれてしまったといえるだろう。

最終更新:2018/05/12 06:00

石田ゆり子の炎上に見る“扱いの難しさ” なぜ、インスタグラムは「燃えやすい」のかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅首相NHK“事実上国営放送化”でメディア掌握か

 今週の注目記事・第1位「GoToズサン運営...…
写真
インタビュー

『M-1』予選を騒がせた野良芸人

『M-1』グランプリの決勝が近づいている。今年は過去最多となる5,040組がエントリ...
写真