日刊サイゾー トップ > 芸能  > アナ同士の不倫で「酒池肉林」な某局

ゲス芸能人もびっくり! アナ同士の不倫地獄で「酒池肉林」な某テレビ局の実態

※イメージ画像

 ゲス交際やゲス不倫で世間をにぎわす芸能人もびっくりな、とある放送局があるという。聞けば、アナウンサー同士で“不適切な関係”が横行。周囲は「またあそこだね……」と、あきれ顔だという。

 事情を知るテレビ局関係者が、その内情を語る。

「放送局名は言えませんが、それほど田舎ではない部類に入る街の放送局ですね。そこそこ大きく、男女ともにアナウンサーの数は豊富。それでいて、多ジャンルにわたり仕事がある。活躍の場は多い方だと思います」

 やりがいを感じそうな職場のようだが、その内情はというと「正直、私は首を突っ込みたくないですね」と苦笑いする。というのも、アナウンサー同士での「不適切な交際」が横行しているからだ。

 まずは先輩アナが後輩に“お手つき”した。

「2人は先輩、後輩のごく普通の間柄でしたが、男性の方が熱を上げてしまい、女性をうまく誘導してしまった。残念ながら、この男性アナには妻子がおり、不倫関係。うまく処理をしておけばよかったのですが、後に女子アナ側が体調不良で長期離脱。これで妻や会社にばれてしまい、さあ大変。その後、離婚が成立し、大豪邸だった自宅も売りに出されて、近隣住民にも知られる結果となってしまいました」(同)

 現在、男性は“バツ1”で自由に恋愛できる身だが「また最近、後輩の女子アナに迫っていると聞いた。一時は仕事も干されたのに、また同じことを繰り返すんですかね」(同)。

 これだけでは終わらない。同じ局ではもう1組、不倫カップルが誕生していたのだ。

「こちらも、男性アナは既婚者で、相手は後輩の女子アナだった。男性は近年、離婚が成立。その原因がこの女子アナとの交際だったと聞いている。最近、2人は同棲を経てようやく再婚にたどり着いたけど、なぜか世間に公表をしない。女子アナは初婚のため“結婚した”旨を番組などで伝えていますが、お相手に関しては『一般人』ということにして、一切明かさない。まあ、狭い世界といえばそれまでですが、これだけ法令順守や世間の倫理観を気にしないといけない世の中なのに、ここまで風紀が乱れては、そりゃ視聴率もパッとしませんよね」(同)

 何食わぬ顔で日々、情報を伝えているアナウンサーたちだが、その夜の顔は我々が想像できないほど“充実”しているようだ!?

最終更新:2018/05/21 06:00
こんな記事も読まれています

ゲス芸能人もびっくり! アナ同士の不倫地獄で「酒池肉林」な某テレビ局の実態のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

進次郎をダメにした記者と永田町

今週の注目記事・第1位「菅原一秀経産相『秘書給...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【後編】

(前編はこちら)  作家・塩田武士が上梓した『歪んだ波紋』は、ネットによって無秩序に広...
写真