日刊サイゾー トップ > その他 > ウーマン・ウェジー  > 米倉涼子もエゴサしている?
【wezzy】

米倉涼子もエゴサしている? 浜崎あゆみ、藤原紀香らに続く表明のワケ

 米倉涼子(42)が、5月20日に東京都内で行われた「日経ヘルス」の創刊20周年記念『ビューティーミューズ大賞』のスペシャルトークショーに出席した。大人気ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)という代表作を持つ米倉涼子。ドラマのキメゼリフは「私、失敗しないので」だが、「失敗なんてない人はいない。私もネット調べるといろんな失敗してると思います。視聴率が取れないとか、頑張ってるのに『老けたな』とか『偉そうに』とか(書かれている)」と、インターネットで自身について書かれた文章を読んでいることを明かした。エゴサーチをしている、またはしたことがある、ということか。

 試しに「米倉涼子」というワードでGoogle検索をしてみると、関連キーワードとして提示されるのは「髪型」「離婚」「結婚」「ドラマ」「身長」「旦那」と、主にプライベートに関連する話題が多いが比較的穏当だ。上位に表示されるのは公式プロフィールにはじまり、Twitterのサーチ結果やポータルニュースサイトのまとめページ。あとはスポーツ紙などのネットニュースが多い。なぜか<米倉涼子と噂の安住紳一郎アナが結婚しない理由判明!>なるタイトルのYoutube動画も上位に表示されたが、非公式なうえ信憑性は一切ないチャンネルの「文章を下から上に流すだけ」の動画とも言えない動画である。

 しかし米倉涼子は「老けたな」等の一般ネットユーザーのコメントであったり、そうした“ネットの評判”を恣意的にまとめたページだったりを閲覧していることになる。思えば今年4月、藤原紀香(46)が『かんさい情報ネットten.』(読売テレビ)で、オンライン上での誹謗中傷に言及していた。

 アメーバでの公式ブログ「気愛と喜愛でノリノリノリカ」で情報発信することも多い藤原紀香だが、中谷しのぶアナウンサーに「情報発信すればするほど、批判とかあるのでは」と言われると、「あるある! 全然ありますよ、そんなん」。そして「昔は(ネットのコメントを)見てた見てた見てた。たぶんみんなに好かれたいと思ってたからだと思う」「(今は)そんなんいちいち見なくなった」「匿名やからって人の悪口言ったり書いたりすると、絶対自分(書いた人間)に返ってくる」との考えを明かした。

 「老けたな」という言葉自体は批判というよりも感想、ものによっては誹謗中傷だろう。それをもっとも多く寄せられているのは、やはり浜崎あゆみ(39)ではないだろうか。浜崎あゆみもまた、4月に「ネットの中傷を知っている」ことを明らかにしている。浜崎あゆみはLINEライブへの「太りすぎ」といった反応を受けて、「浮腫みまくりでプロ意識に欠けていた」と公式ファンブログで弁明。スタッフがネット上の書き込みを見て「悔しい」と漏らしていたために、その文章を投稿することにしたのだという。浜崎いわく、「4時にLINEライブやったわたしも、9時半にインスタライブやったわたしも、11時半に帰宅して自撮りしたわたしも、全部本当のわたしだよ」。

 また、浜崎あゆみといえば、親しい関係にあるAAAリーダーの浦田直也が3月に、Twitterの公式アカウントで「(浜崎あゆみに)文句あるなら、彼女の前と俺の前に美貌を持って文句言って来てね!アユ姉をぶすと言った人たちどんかひがびっても横に並んだらayuの可愛さにひかれるよ!」と、浜崎を貶める言葉をネット上に書き込むユーザーへのメッセージを投稿。浦田もまた、浜崎へのネット中傷を認識し、憤っていたのだ。

 「老けたな」同様、「劣化した」というワードや整形疑惑が一時期からネットで人気を博しているが、梨花(45)や渡辺満里奈(47)は「加齢で老けるのは当然」と反論し、鈴木亜美(36)や木下優樹菜(30)も「整形していない」と否定した。実在の芸能人は、ほとんどがスマートフォンを利用しているし、インターネットにアクセスして何らかの情報を得ている。ニュースサイトを閲覧もするだろう。自分に関する誹謗中傷やデマが飛び交っていることは、もはや誰もが十分に認識しているはずだ。そして「そろそろ、黙って耐えなくてもいい」ことに気付いたのかもしれない。匿名の書き込みであっても、世界中どこからでもアクセス可能なオンライン上に書き込む内容には責任が伴い、悪質な内容の場合は被害者が法的措置を取ることも可能だ。インターネットは気軽に落書きできるチラシの裏、ではない。

最終更新:2018/05/28 07:15
こんな記事も読まれています

米倉涼子もエゴサしている? 浜崎あゆみ、藤原紀香らに続く表明のワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

『どるから』石井館長がJKに!?

 今回ご紹介する『どるから』、単行本の表紙と...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【後編】

(前編はこちら)  作家・塩田武士が上梓した『歪んだ波紋』は、ネットによって無秩序に広...…
写真