日刊サイゾー トップ > 芸能  > 紺野あさ美、丸顔がヤセこける

元モー娘。紺野あさ美、同期会集合ショット公開も、あまりの激変ぶりにファン驚愕!「大病の可能性も……!?」 

紺野あさ美公式Instagramより

 5月22日、タレントの木下優樹菜とモーニング娘。5期メンバーである高橋愛、紺野あさ美、小川麻琴が4人での集合ショットを、各自のInstagramやブログなどで公開し、話題となっていた。

 この集合ショットは、もともとは5期メンバーだけで集まろうと新垣里沙が企画したのだが、5月19日に開催されたファッションショー『Rakuten GirlsAward 2018 SPRING/SUMMER』で、高橋の隣の楽屋にいた木下も誘われ参加したショットとのこと。[k1] 木下は5期オーディションで最終選考に残っていたため、ファンからは懐かしさがこみ上げてきた模様。「青春時代を思い出す!」「モー娘。落ちたゆっきーなもメンバーの1人として参加って感動!」という歓喜の声、また、この日急きょ参加できなくなった新垣にも触れ、「次回は5人の集合ショットが見たい!」という声も。ファンにとっては、ビッグサプライズとなったようだ。

 しかし、一方で紺野の激変した姿に驚愕する声も上がっていたという。

「高橋さんと木下さんが投稿した写真に写る紺野さんの姿が、『あまりにもヤセている』と指摘するファンが続出。『エラ削った? 整形したのかな?』との声もありました。昨年11月にAbemaTVで放送された『72時間ホンネテレビ』にも、産後すぐだというのに出演していましたが、それからたった半年での激ヤセ姿に、皆びっくりしたようです」(アイドルウォッチャー)

高橋愛公式ブログより

 確かに、4人がそれぞれアップした写真に写る紺野は、あの特徴的だった丸顔の面影はなく、頬はヤセこけ、腕や鎖骨部分の骨が見えるほどの激ヤセぶり。どの写真でもヤセこけた紺野が宇写っているため、画像修正はしてないようだ。

「紺野さんは、テレビ東京アナウンサー時代にも激ヤセが話題に。その際は、『局内でのいじめのストレスが原因か?』『仕事が激務過ぎて精神を病んだか?』とウワサされていましたが、今回も『育児のストレスから?』『なんかの病気では?』と言う心配する声が。また、同じ子を持つ親のファンからは『育児してると痩せるよ!』とフォローする声も上がっていましたが、やはり、顔つきも疲れている感じで……。最近ではテレビで見かけることもなくなったので、もしかしたら何かしらの病気を患っている可能性もあるかもしれません」(同)

 紺野といえば、夫でプロ野球選手の杉浦稔大と結婚する際、自身のInstagramに義父が撮ったという2ショット写真を公開したが、紺野の顔が不自然なほどに小さく修正してあったため、『やっつけ加工過ぎる(笑)』と失笑されていたことが。もしかしたら、コンプレックスの顔を小顔にするため、ダイエットしたのかもしれないが、ファンならずとも心配しているだけに、ほどほどにしてほしいものだ。

最終更新:2018/05/29 09:00

元モー娘。紺野あさ美、同期会集合ショット公開も、あまりの激変ぶりにファン驚愕!「大病の可能性も……!?」 のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

『死霊の盆踊り』ほか珍作映画

 日本におけるサイテー映画の歴史の発火点となったのが、米国映画『死霊の盆踊り』(原題...
写真