日刊サイゾー トップ > 芸能  > 広瀬香美の独立で“名曲”の行方は?

広瀬香美「事務所独立騒動」で芸名使用禁止に……気になる“名曲”の行方

「Muse Endeavo」公式サイトより

 1992年にメジャーデビュー後、20年以上にわたって歌手活動を続けている広瀬香美が、所属事務所「オフィスサーティー」からの退社をめぐり、トラブルになっている。

 そもそものきっかけは、5月28日に、広瀬が21日付で同事務所とのマネジメント契約が終了したことを発表、新たに立ち上げる事務所への移籍を表明した。これに「オフィスサーティー」が激怒、広瀬の芸名の使用禁止と、それらを活用した音楽・芸能活動の停止を求めたものだ。オフィスサーティー側は今後、法的措置を講じる構えも見せている。

「『ロマンスの神様』など、彼女が大ブレークしている頃ならまだしも、キャリア20年を超える芸能人が新事務所を作って、事実上の独立に踏み切るのはよくあること。その過程でモメたとなれば、金銭が絡んでいる可能性は十分考えられる」(芸能デスク)

 一方で気になるのは、彼女の名曲の数々が“封印”されてしまわないかということだ。

「彼女の場合、その多くの楽曲で作詞・作曲など、すべてを手掛けているので、著作権や印税はこれまで通り彼女が持ったままになるはず。あとは、楽曲の原盤権や音楽出版権をどこが持っているか。これらをすべて事務所が持っているのならば、今後、CDや音楽配信の停止、カラオケでの使用もできなくなる可能性がある」(音楽関係者)

 思い起こせば昨秋、安室奈美恵がベストアルバムをリリースした際、名曲の多くは“再録”したものだったが「これも原盤権、音楽出版権を前事務所が持っており、自由に使える状況にないため、苦肉の策として録音し直した。もっとも、その歌唱力は落ちていないので、そこは一流だなとは思いましたが」(同)。

 今後、広瀬の事務所トラブルは、どのような方向へ向かうのか?

最終更新:2018/06/02 06:00

広瀬香美「事務所独立騒動」で芸名使用禁止に……気になる“名曲”の行方のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

911から20年…「大バカ者」と嘆きの声

 2001年9月11日、テロ組織アルカイダによ...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教える自然災害×コロナ回避法

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍し、現在はアパレルブランド「ARIST...
写真