日刊サイゾー トップ > 芸能  > 松坂桃李『娼年』リピーター続出

松坂桃李『娼年』リピート続出でロングランへ「エロすぎるが、エロいだけじゃない」

映画『娼年』公式サイトより

 俳優の松坂桃李が主演を務める映画『娼年』が大きな話題を呼んでいる。作品は石田衣良の同名小説が原作で、松坂演じる無気力な生活を送る大学生のリョウが、女性専用コールクラブのオーナーと出逢い、男娼の仕事を開始。さまざまな女性たちと関係を持ち、女の欲望の奥深さを知って成長を遂げていくというストーリーだ。本編の半分以上が濡れ場というR18+指定作品で過激なシーンも満載。SNSを通じて口コミで評判も広がり、4月6日の公開以降、興行収入3億円を超えた。

 そんな映画の人気のワケについて、映像制作関係者は「エロすぎる作品ですが、エロいだけじゃないところが人気の秘密ですね。女優陣が惜しげもなく裸体をさらしていますが、それ以上にイケメン俳優・松坂さんの脱ぎっぷりがすさまじく、映画を見た女性客はメロメロになっちゃいますよ。数多くのセックス描写を体当たり演技でぶつかり、難しい役どころを爽やかにこなした松坂さんの評価も急上昇していますよ」と解説する。

 映画を観賞した女性客の中には2度、3度とリピートして足を運ぶ人も多いという。

「この映画はセックスについて考えさせられる部分も多く、女性が共感できる内容になっている。欲望をむき出しにする女性をイケメンが喜ばせるという視点は、女性向けAVにも通じるところがあります。女性の場合、セックスをなかなか客観視する機会が少ないですが、こういう作品があると自分のセックスを見つめ直すことができるんです。映画をきっかけに、女性がセックスについて知るシーンが増えてくれるといいですし、女性向けAVにも目を向けられるきっかけになるかもしれません。女性が『こんなセックスしたかった』と素直に思えるような社会になればいいですね。そんな社会貢献の要素も含んだ映画ですよ」(同)

 5月30日には東京・池袋HUMAXシネマズでこの映画の応援上映会が開かれ、そのチケットは瞬く間に売り切れたという。女性の性解放に一石を投じ、社会的評価を得る作品になるかもしれない。

最終更新:2018/06/03 06:00
関連キーワード

松坂桃李『娼年』リピート続出でロングランへ「エロすぎるが、エロいだけじゃない」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

リアル記憶喪失体験マンガ

 マンガではよく「記憶喪失」、つまり主人公や...…
写真
インタビュー

団地発ラップのGREEN KIDS

――2018年12月、いわゆる改正入管法が成立したわけだが、今、日本で働く外国人の環...
写真