日刊サイゾー トップ > 芸能  > 工藤静香“ヤンキー精神”を封印!

工藤静香、持ち前の“ヤンキー精神”を封印……娘・Koki,のためにせっせと「人生ロンダリング」進行中!

工藤静香公式Instagramより

 今頃、工藤静香はドヤ顔が止まらないに違いない。

 二女のKoki,(=光希)を、いきなり「エル・ジャポン」(ハースト婦人画報社)の表紙モデルで鮮烈にデビューさせ、世間をあっと驚かせることに大成功したからだ。

「現在、さまざまなオファーが殺到しているといいますが、静香はこれをすべて断っています。『もっとKoki,を見たい』と飢餓感をあおり、その世間の声がもっとも高まったところで、つまり一番高く売れる時を待って、また最高の露出の仕方をさせようと戦略を整えているようですね」

 おニャン子クラブの一員から、ソロの歌手として成功を収め、女優業にも進出し、さらには趣味の絵画やアクセサリーのデザインでも評価を高め、広尾に雑貨店を開くなど、多岐にわたる才能を開花させ、自身を「スーパーマルチアーティスト」と名乗っていた工藤だが、ここにさらにプロデューサーとしての才能も加わった格好だ。

 だが、そのメイクやファッション、髪型はもちろん、作詞家としてのペンネームを“愛絵理”と名乗り、セルフプロデュース1曲目のタイトルを「Blue Rose」とするセンス。さらに、いまだに愛車にドリームキャッチャーをぶら下げていることを見ても、静香のすべてはヤンキー趣味丸出し。そのダサさが、静香の静香たる所以なのだ。

「青春時代を過ごした東京の郊外・羽村市 は、当時、暴走族のメッカでヤンキー文化が花盛りでしたからね。静香のセンスにヤンキー臭が色濃く漂うのは、そんな上品とはいえないお育ちゆえでしょう。静香が、その足首に夫のキムタク(木村拓哉)とおそろいの、2匹の蛇が絡み合うようなタトゥーを入れているのは有名ですが、実はローライズのジーンズを履いたときに、ちょうど格好良く見える腰のあたりにも、ド派手なタトゥーが入っていますから、もはや筋金入りです」(芸能記者)

 だが、静香がスゴイのは、そんな負の遺産を娘には引き継いでいないことだ。

「自分はもちろん、キムタクにも大きく欠落していた教養を身につけさせようと、娘をインターナショナルスクールに入れ、タトゥーをひた隠しにして教育熱心なママを演じてきたワケです。実は、娘よりも静香がスクールのセレブママたちのセンスや感覚を学んできた。これまでのヤンキー人生を洗浄するんだと言わんばかりの執念を感じますが、それこそが典型的な “成り上がりヤンキー”精神にも見えます。趣味以上の情熱を注ぐ絵画への取り組みも同様で、やることがハンパない。3カ国語をあやつる娘たちの母として恥ずかしくないようにと、本人ももはや英会話はペラペラなレベルになっているそうです」(同)

 そりゃあ、ドヤ顔が止まらないわけだ。

最終更新:2018/06/28 16:08
こんな記事も読まれています

工藤静香、持ち前の“ヤンキー精神”を封印……娘・Koki,のためにせっせと「人生ロンダリング」進行中!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

読書✕ヤンキー『どくヤン! 』

 もしも読書好きのヤンキーがいたら……いやい...…
写真
インタビュー

2019年注目すべきメジャー洋画!!

 あけましておめでとうございます。お正月休みには、たっぷり映画を楽しみたいという方が...
写真