日刊サイゾー トップ > 芸能  > 岩尾望の独特すぎるアイドル論

フット・岩尾望の“独特すぎるアイドル論”に総ツッコミ!「アイドルは若手俳優と付き合うべき!?」

岩尾望 Twitter(@nozomuiwao)より

 6月21日放送の『バイキング』(フジテレビ系)でフットボールアワーの岩尾望が、アイドルファンの行き過ぎた行動に苦言を呈した。しかし視聴者からは「前半は正論だと思うけど、後半がよくわからない」といったツッコミが相次いでいる。

 この日の放送では、元AKB48で現在は女優として活躍する岩田華怜のストーカー被害を報道。彼女に対して付きまとい行為を繰り返していた大西秀宜容疑者(42)を、6月19日に警視庁が“ストーカー規制法違反”の疑いで逮捕したと伝えた。

 大西容疑者は岩田のデビュー当初からファンレターを送っていたものの、2013年に握手会でプロポーズをして出禁に。警視庁などから口頭で警告を受けたり書面で接触禁止を通達されていたが、その後も岩田との接触を図り“逮捕”されてしまう。

「今回の事件の犯人と同じ42歳でアイドルファンの岩尾は、『こういうことがあると、“いい大人がアイドル応援してるって気持ち悪い”とかいうことにもなる』『応援するってことが“気持ち悪い”ってことでもないっていう風にファンがしないと、どんどんイメージが悪くなっていく』とコメント。また推しのアイドルに迷惑をかけた大西容疑者を、『ファンとは言えない』と痛烈に批判していました。これに視聴者からは『さすがのんちゃん! いいこと言うじゃないか』『マナーを守らない少数のドルオタが全体のイメージを下げてるよね』と賛同の声が上がっています」(芸能ライター)

 続けて岩尾は「コミュニケーションとして握手会で“結婚しよう”と言う人はいる」と理解を示しながら、中には本当に「結婚できる」と思ってしまうファンもいると指摘。その対抗策として「アイドルの子たちは、ファンのためにも若手俳優とかと付き合った方がいい」と提案した。“ファンとアイドル”の線引きを明確にするための“俳優と付き合った方がいい”発言だったのだが、視聴者からは「せっかくいいこと言ってたのに最後で台無し」「それはどう考えてもファンのためにはならない」「握手会を廃止する方が先でしょ」といった意見が寄せられている。

「以前、彼は『ナカイの窓』(日本テレビ系)で、『アイドルたちをタイプとして見ていない。握手会にも行かない』と明かしていました。最近アイドル界隈では『ファンとの距離が近すぎる』ことが問題されていますが、岩尾は“推し”との距離をしっかり保つタイプのファンのようです」(同)

 若手俳優と付き合わなくても、アイドルたちが安心して活躍できる世の中になることを祈るばかりだ。

最終更新:2018/06/22 15:00
こんな記事も読まれています

フット・岩尾望の“独特すぎるアイドル論”に総ツッコミ!「アイドルは若手俳優と付き合うべき!?」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

加藤綾菜、嫌われ者の逆転現象

 今回取り上げるのは加藤茶の嫁、綾菜だ。20...…
写真
インタビュー

ラバーガール全国ツアーへ!

 キングオブコントで決勝に進出すること2回。片や俳優としても活躍し、片や脚本や監督業...
写真