日刊サイゾー トップ > エンタメ  > W杯炎上の佐藤美希が反転攻勢へ!

サッカーW杯炎上の佐藤美希「半端ない」「カード出るレベル」の“胸強調衣装”で反転攻勢へ!

佐藤美希のインスタグラム(@satomiki0626)より

 NHKのサッカーW杯中継に起用されたものの、拙い進行とサッカー知識の浅さでバッシングされた佐藤美希。しかし“持ち味”を十分に生かすことで、バッシングから一転、評価が急上昇している。

 炎上騒動が起きたのは、W杯開幕直後の番組でのこと。佐藤は、2010年大会で優勝したスペインについて、「なぜ優勝から遠ざかっているのでしょうか?」と質問し、解説者を絶句させたほか、有名選手の名前を間違えたり、とにかく噛みまくったりしたため、サッカーファンから批判の声が殺到した。番組関係者が語る。

「佐藤は2015年からJリーグの広報活動を行う『Jリーグ女子マネージャー』をやっていたので、サッカーについて無知なわけではありませんが、これまでにない大舞台で緊張したんでしょうね。批判が殺到したためにNHKもすぐに対応し、次の日からトチりそうなところは、すべてアナウンサーが読むようになりました」

 その後はめっきり発言回数が減り、置物のようにW杯ハイライト番組などに出続けてきた佐藤。しかし24日深夜に行われたセネガル戦では、俄然存在感を発揮する。当日の佐藤の衣装はピチピチのノースリーブ姿で、ネットには

「佐藤美希の衣装反則でしょ」
「佐藤美希のおっぱいはカード出るレベル」
「佐藤美希のおっぱいが完全にワールドカップ優勝だわ」
「佐藤美希さんのお胸が半端ない」

 と、一斉に歓喜の声が上がったのだ。テレビ情報誌の記者が語る。

「佐藤は青のノースリーブを着ていましたが、確かに男性ならずとも胸に目がいくような衣装でした。ホリプロスカウトキャラバン出身の佐藤は、歴代グランプリの中でも活動がとりわけグラビア寄りで、過去にはFカップであることを告白しています。胸だけではなく、公式プロフィールでB82・W56・H83で、素晴らしいくびれの持ち主です。それまでも肩を出した衣装やノースリーブが多かった佐藤ですが、とりわけ注目度の高い日本戦で、ついに“必殺技”を出してきたということでしょう」

 日本代表も当初のネガティブな予想に反して大健闘しているが、炎上でボコボコにされた佐藤も、自らの武器をフルに使い、反転攻勢をしかけてきたようだ。

最終更新:2018/06/26 16:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed