日刊サイゾー トップ > 芸能  > 坂口杏里、歌舞伎町で風俗嬢に出戻り

坂口杏里、ストリッパーデビュー“ドタキャン”直後、新宿・歌舞伎町で「風俗嬢」に出戻っていた

坂口杏里のインスタグラム(@anri6450)より

 やっぱり、といったところだろうか。6月に浅草ロック座でストリッパーデビュー予定も、直前にドタキャンした坂口杏里が“風俗嬢”に出戻っていたことが判明した。

 新宿・歌舞伎町に拠点を持つ高級デリバリーヘルスのKには「杏里(ANRI)27歳」と記されたサイトが登場。肩書は「有名タレント」で5パターン掲載されている写真は完全顔出しの状態だ。

 風俗誌編集担当は「ここ数日で勤務が決まったようで、サイト上は毎日出勤するようですが、基本的には本人の気分次第でしょう」。ちなみにお値段は3段階あるうち最も安い価格帯が60分2万5,000円、90分3万2,400円に加え、入会料や写真指名料などが請求されるが、彼女の場合は90分で80万円からと、かなりの強気な値段設定だという。

 思い起こせば今年2月には週刊誌で西の風俗街として知られる大阪・飛田新地で勤務していることが報じられ、5月には神戸の風俗店に期間限定で出勤していることが発覚。その後、ストリップ挑戦が各紙に報じられたが、結局実現はしなかった。

 芸能関係者は「切羽詰まって短期間に大金を稼ぎたいのが見えみえで、相当金策に困っているとしか思えない。そこまでピンチなら最悪、自己破産をしてでも人生のリスタートをきった方がいいのではないか」と困惑している。

 彼女は一体、どこへ向かっているのか……。

最終更新:2018/06/26 19:30
関連キーワード

坂口杏里、ストリッパーデビュー“ドタキャン”直後、新宿・歌舞伎町で「風俗嬢」に出戻っていたのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

和田アキ子『わだ家』閉店

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、4月1...…
写真
インタビュー

中島岳志が分析する都知事選・前

366万票を獲得し、得票率では6割近くの支持を集めた現職・小池百合子氏。下馬評通り、今回...
写真