日刊サイゾー トップ > 芸能  > 坂口杏里、歌舞伎町で風俗嬢に出戻り

坂口杏里、ストリッパーデビュー“ドタキャン”直後、新宿・歌舞伎町で「風俗嬢」に出戻っていた

坂口杏里のインスタグラム(@anri6450)より

 やっぱり、といったところだろうか。6月に浅草ロック座でストリッパーデビュー予定も、直前にドタキャンした坂口杏里が“風俗嬢”に出戻っていたことが判明した。

 新宿・歌舞伎町に拠点を持つ高級デリバリーヘルスのKには「杏里(ANRI)27歳」と記されたサイトが登場。肩書は「有名タレント」で5パターン掲載されている写真は完全顔出しの状態だ。

 風俗誌編集担当は「ここ数日で勤務が決まったようで、サイト上は毎日出勤するようですが、基本的には本人の気分次第でしょう」。ちなみにお値段は3段階あるうち最も安い価格帯が60分2万5,000円、90分3万2,400円に加え、入会料や写真指名料などが請求されるが、彼女の場合は90分で80万円からと、かなりの強気な値段設定だという。

 思い起こせば今年2月には週刊誌で西の風俗街として知られる大阪・飛田新地で勤務していることが報じられ、5月には神戸の風俗店に期間限定で出勤していることが発覚。その後、ストリップ挑戦が各紙に報じられたが、結局実現はしなかった。

 芸能関係者は「切羽詰まって短期間に大金を稼ぎたいのが見えみえで、相当金策に困っているとしか思えない。そこまでピンチなら最悪、自己破産をしてでも人生のリスタートをきった方がいいのではないか」と困惑している。

 彼女は一体、どこへ向かっているのか……。

最終更新:2018/06/26 19:30
関連キーワード

坂口杏里、ストリッパーデビュー“ドタキャン”直後、新宿・歌舞伎町で「風俗嬢」に出戻っていたのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

韓国芸能界の非道な仕組み

今週の注目記事・第1位「KARAク・ハラを追...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(4)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真