日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > トシちゃん、ジャニーズ退所理由は

「だって、田原俊彦ですから」トシちゃんが語るジャニーズ退所と“干された”理由

 

田原俊彦

 特にアラフォー以上のテレビディレクターと話をしていると、不意に「トシちゃんが好き」「トシちゃんと仕事したい」という声を耳にすることがある。

 同世代の筆者からすると、その気持ちはよくわかる。幼少期に見た『教師びんびん物語』(フジテレビ系)をはじめとした田原主演のドラマは一世を風靡していたし、「ジャングルJungle」等のヒットシングルはチャートの記録以上に世を席巻。取り沙汰された「僕はビッグ」発言も、三浦知良へと受け継がれる“伊達男”のキャラクターをセルフパロディした意味合いが多分にあり、正直、悪いイメージをあまり抱いていない。気取り屋を必要以上に振る舞うことで、逆に気取っていなかったような印象さえあるのだ。

 かつて、彼はどういうポジションにいたか。沢田研二→田原俊彦→木村拓哉という“時代の寵児”の系譜があり、現在にまで至る……と表現するとわかりやすいだろうか。田原俊彦はそういう存在だった。

■「結婚する33歳まで死ぬ気でやる!」

 6月23日に放送された『サワコの朝』(TBS系)に、田原がゲスト出演した。現在の主な活動場所はディナーショー。レギュラーを務める『爆報!THE フライデー』(同)以外の番組で彼を見かけると、レア感というかプレミア感が放出される。

 ゲストの半生を振り返るのが、この番組の常。TBSだけに、まず掘り起こされるのは『3年B組金八先生』、要するに「たのきんトリオ」だ。田原は3人のキャラの違いをこう分析する。

「僕がスイーツな感じで、マッチ(近藤真彦)がワイルドな感じで、ヨッちゃん(野村義男)がギター弾く! っていう」

 なんと田原、原宿で野村がジャニー喜多川氏にスカウトされる場面を目撃していたという。

「Jr.のみんなに、ジャニーさんが『スケート行こう!』って連れて行ってくれて、代々木のスケートリンクに。その時にヨッちゃんがスケボーか何かやってたんですよ。ものすごいかわいらしくて、ジャニーさんがその時スカウトしたんですよ」

 そして、マッチとの関係性について。

「(マッチと)シリアスな話、そんなしたことないですねえ。彼はその後、レース始めましたけど『早く免許取って、こんな車買いたーい!』とか」

 アイドル時代の自身についてはどうか?

「自分の置かれている立場は恵まれてたし、田原俊彦がやらなきゃいけない使命感っていうのがいつしか芽生えて『最低10年は死ぬ気でやるぞ!』っていうのがなんとなくありましたね。10年は死ぬ気でやって、33歳で結婚するぞ! っていうのが」


12
こんな記事も読まれています

「だって、田原俊彦ですから」トシちゃんが語るジャニーズ退所と“干された”理由のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

最恐メンタル、クロちゃんの真実

 単なるウソつきか、それともモンスターなのか――。仕掛けるたびにスタッフすら...…
写真