日刊サイゾー トップ > 芸能  > 田中圭人気の裏で嫁は引退!?

田中圭、『おっさんずラブ』で人気急上昇! その裏で妻・さくらがひっそり芸能界引退していた!?

田中圭公式ホームページより

 日本のみならず韓国・台湾・香港でも大旋風を巻き起こしたドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)の主演を務めた田中圭の人気が現在、すごいことになっている。既存の写真集には重版がかかり、田中が表紙の「TV Bros.」8月号(東京ニュース通信社)は発売前に増刷が決定。『おっさんずラブ』公式本の予約がすでに3万部を突破。関連グッズもバカ売れしているなど、大フィーバー状態だ。もともと演技に定評があり、名バイプレイヤーとしての評価は高かったが、今後ますます活躍することは間違いない。

 そんな田中の貴重なプライベートが6月25日発売の「女性自身」2018年7月10日号(光文社)にて報道された。記事と共に、ラフな白いTシャツにメガネという飾らないファッションの田中が次女を抱きながら、妻と一緒に歩いている写真が掲載されたのだ。記事の内容は田中が都内の自宅からタクシーである餃子店に行き、妻と1歳になる次女、義父と合流。食事とお酒を楽しんだあとはカフェレストランに移動し、さらにテラス席でワインやビールを飲むなどし、家族団らんを楽しんでいたという内容だった。

 この記事について、ファンからは「いいお父さんしてるんだね、イメージ通りでうれしい!」「奥さんを大事にしてるのが好印象」と好意的な声が上がっていた。しかしその一方、田中の妻に関して「あれ? 奥さん芸能人だよね? 一般人扱い?」「もう引退したのかなあ」などと、写真に目線が入っていたり、記事中も“妻”と表記されるなど、一般人扱いされることに違和感を感じる人が多かった。

 田中の妻といえば、田中より1つ年上の女優・さくらであり、田中とは10年にドラマ『まっすぐな男』(フジテレビ系)で共演し、交際に発展。11年に“授かり婚”にて結婚し、12年に長女、16年に次女を出産している。さくらは16年に研音グループを退所後、現在はフリー。その後は目立った活動をしておらず、子育てに専念している様子だ。

「彼女が事務所を退所した16年といえば、2人目を出産した年ですよね。その頃はすでに田中さんも売れっ子として順調に俳優活動をしていましたし、芸能界を引退し、専業主婦として子育てに専念する気持ちになってもおかしくはない。業界では、今回の記事でさくらさんの近況を確認し『幸せそうでよかったね』とほほ笑ましく思っている関係者が多いとのことですよ」(テレビ局勤務)

 「女性自身」によると、田中はさくらに甘えたような素振りをみせるなど、かなりラブラブ状態だったとか。これからますます田中も売れっ子になっていくだろうし、田中家の将来は安泰そうだ。

最終更新:2018/06/29 13:00
こんな記事も読まれています

田中圭、『おっさんずラブ』で人気急上昇! その裏で妻・さくらがひっそり芸能界引退していた!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

姫乃たま×河崎実対談!! ファンも絶句した『シャノワールの復讐』の衝撃

 棒のように生きる男の生き様を描いた『棒の哀しみ』(94)という、神代辰巳監督の晩年...
写真