日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『KUNOICHI』エロカメラが話題

『KUNOICHI』のエロすぎるカメラワークに大反響! 朝比奈彩は思わず喘ぎ声を……

朝比奈彩 インスタグラム(@asahina_aya)より

 7月1日、女性版SASUKE『KUNOICHI』(TBS系)の第3弾が放送された。“REDステージ”のコースに設置された“パイプホールド”というアトラクションが「エロすぎる」と話題になっている。

 最強美ボディの持ち主たち総勢50名が、数々の困難なステージを己の肉体を駆使して乗り越えていく『KUNOICHI』。今回はクロスフィットトレーナー・AYA、ドラマ『チア☆ダン』(TBS系)から朝比奈彩、みちょぱこと池田美優に加え、元侍ジャパン女子代表、スポーツクライミング日本代表、日本初の女性パルクール講師、元オリンピック競泳選手、格闘技女王、人気グラビアアイドルなどが参戦した。

 視聴者の間で話題になっているのは、1stステージにあたる“REDステージ”に設置されているアトラクション・パイプホールド。バランスを保たなければ回転してしまう極太のパイプを、股で挟みながら慎重に進んでいかなければならない。

「挑戦者たちは股で挟むだけではなく、前かがみになってパイプにしがみつきながら進んでパイプホールドを攻略していました。しかしなぜかこのアトラクションのカメラワークは、他のアトラクションとは違って挑戦者を真正面から撮影。股をすりつけながら進んでいるシーンや、前かがみになって胸が強調されているシーンがバッチリカメラに収められています。これには視聴者から『カメラワーク狙い過ぎでしょ』『パイプホールド考えたやつはド変態だな』『なぜパイプホールドだけ正面カメラがあるのか』『パイプホールドがエロ過ぎて眼福』といった声が上がっていました」(芸能ライター)

 また、“BLUEステージ”に設置された“スパイダーウォーク”のカメラワークもおかしかったと話題に。

「“スパイダーウォーク”は両サイドに設置された壁に、手と足を突っ張らせて進んでいくというアトラクション。このステージでは挑戦者を見上げるかのように下からカメラを撮っており、『なんで下から撮る必要があるんですかね』『まーたエロアングルで撮影してる』とツッコミが続出することに。さらに朝比奈彩は“スパイダーウォーク”挑戦中に息遣いがかなり荒くなっており、『完全に喘ぎ声じゃないか』『家族で見ていて気まずいから喘ぎ声やめてくれ』『朝比奈彩のスパイダーウォークのエロさが半端ない』といった反響が起こっていました」(同)

 本家のSASUKEに負けず劣らずの盛り上がりを見せた『KUNOICHI』。次回もカメラワークに期待したい。

最終更新:2018/07/02 15:00
こんな記事も読まれています

『KUNOICHI』のエロすぎるカメラワークに大反響! 朝比奈彩は思わず喘ぎ声を……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

金属バット、注目度UPもどこ吹く風

『M-1グランプリ2018』(ABC・テレビ朝日系)敗者復活戦。「よいしょ、うぃー」で...
写真