本多圭の「芸能界・古今・裏・レポート」

ベッキーの“間が悪い女”ぶりが半端ない!? 熱愛発覚も「かぼちゃの馬車」問題の道義的責任を問われ……

ベッキー

 スポーツ報知の報道によって熱愛が明らかになった、タレントのベッキーとプロ野球・読売巨人軍の片岡治大2軍内野守備走塁コーチ。2人の交際に歓迎ムードが漂う中、6月28日、ずさんな融資実態により非難が続出しているスルガ銀行が株主総会を開催。総会では、怒号が飛び交う大荒れの展開となった。同行の不正融資問題が明るみになったきっかけは、ベッキーが以前、広告塔を務めていた女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」を運営するスマートデイズ社(SD社)の経営破綻である。筆者はつくづく「ベッキーは間が悪い女」だと思った。

 5年前に83歳で他界した、ベッキーが所属するサンミュージックプロダクションの故・相澤秀禎会長。生前、同氏は筆者に「ベッキーは酒井法子(覚せい剤逮捕で解雇)に代わって文句ひとつ言わず働いて、会社の立て直しに協力してくれた。東日本大震災の時も率先して、ボランティア活動に参加。あの子は本当に親孝行な子だよ」と、わが子のようにベッキーを絶賛していた。

 そのベッキーが2年前、「週刊文春」(文藝春秋)の報道により、ゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音との“ゲス不倫”が発覚。この不倫騒動は、清純派タレントとして人気があったベッキーだけに、主婦層からの反感を買った。事務所の対応の拙さもあり、騒動は沈静化することなく長期化。結果、ベッキーは一時、芸能活動休止を余儀なくされることとなった。

 そして、復帰後のベッキーが最初に起用されたのが、SD社の女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」のCM。“ベッキー効果”で急成長した同社だったが、今年に入って、ビジネスモデルの崩壊により経営が破綻。物件所有者とのトラブルが続出し、社会問題に発展した。世間の怒りの矛先は、イメージキャラクターを務めたベッキーにまで及び、その道義的責任を問う声まで上がった。

 その後、SD社の経営破綻問題から、物件所有者に対するスルガ銀行のずさんな融資の実態が明らかになり、金融庁が立ち入り検査を行う金融事件に発展。前述したように、先月28日に開催された同行の株主総会は大荒れ。「組織的な不正を放置した」と非難が続出した。

 そんな中、スポーツ紙などに取り上げられているベッキーと片岡の交際。まだ、交際2カ月に満たないにもかかわらず、“年内入籍”と報じるメディアもあり、世間は祝福ムード。関係者からも歓迎の声が上がっているが、このタイミングでの“真剣交際”発表に、スルガ銀行総会では「熱愛で浮かれているようだが、ベッキーは『かぼちゃの馬車』に乗れないよ」と八つ当たりする株主もいたという。

 しかし、その皮肉は、あながち間違っていないのかもしれない。ベッキーの交際相手である片岡は、プロ野球界屈指の“モテ男”といわれ、女性のウワサが絶えない。さらに、片岡の現在の生活環境についても懸念要素がある。2軍コーチの仕事は、基本的に2軍のイースタン戦に同行することだ。試合は楽天のホーム・仙台を除いて、大半が関東圏だが、自宅から試合場まで2時間、下手すると3時間かかる。2軍の試合は朝が早く、試合場に近くのホテルに泊まることも多いのだという。ベッキーが、そのすれ違いに耐えられるだろうか。

 不倫発覚による芸能活動休止、復帰後初めて広告塔を務めた会社の経営破綻や不正融資問題の発覚と、これまで二度にわたって負の連鎖が続いたベッキー。二度あることは三度あるという。片岡との交際にも、浮かれすぎないほうがよさそうだ。

(文=本多圭)

最終更新:2018/07/09 08:00

ベッキーの“間が悪い女”ぶりが半端ない!? 熱愛発覚も「かぼちゃの馬車」問題の道義的責任を問われ……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

菅内閣は古傷が次々に暴かれる?

今週の注目記事・第1位「昼下がりのラブホ密会...…
写真
インタビュー

“移民”問題のウソとホント

 2013年にアメリカ国務省から「人身売買と戦うヒーロー」として表彰された、外国人労...
写真