日刊サイゾー トップ > 芸能  > ロシアの歌手、堂々くまモンをパクる

「完全に偽物です」ロシアの歌手、あまりにも堂々とくまモンをパクる……

KISAのインスタグラム(@iamakisa)より

 ここまで堂々とパクるパワーが、おそロシア。

 YouTubeが普及してから、とてつもなく便利になったこと。それは、まだ知らない海外の歌手の発見だ。かつては、ワールドミュージックを扱っているCDショップを小まめに回ったり、はたまた海外旅行でも、CDショップで「これは期待できそうだ」と感じる一枚を探したもの。

 それが、今や全世界の音楽をリアルタイムで知ることができる。その国ではメジャーな歌手でも、インディーズ系であっても。

 そんな探索の中で、見つけたのがロシアの歌手・KISA。そのMVを見て、最初に思ったのは「綾波……?」。謎の綾波レイ要素に加えて、常に前髪で顔は隠れている。メカクレフェチとはなかなか、高度な日本文化の理解……と思ったら、あまりにもハイレベル過ぎた。

 そのデビュー曲「Нарисую」は「私は描く」という意味のロシア語だそうだが、MVに延々と表示されるのは「エロアニメ」という日本語。おまけに、この曲、サビの部分で「Нарисую хентай」と繰り返している。いったいどういう意味か、Google翻訳に頼ってみたら「私はヘンタイを描く」だという。

 いったい何を目指しているのか。あまりにも明後日な日本文化リスペクト(?)に、目がくぎ付けになってしまう歌手。

 そんな彼女の今年のリリース曲「Boom Boom」。イラストには、なんかどこかで見たことのあるようなクマに似たモノが……。

 と思っていたら、最近のライブには、このクマが一緒にステージに登場。……あれ、くまモンってロシアに進出してたっけ?

 当のくまモンの公式サイトを見ても、そんな情報は一切ナシ。そこで、熊本県の担当部署に聞いてみると……。

「完全に偽物です」

 この世界規模でリアルタイムに情報が行き交う時代に、ここまで堂々とパクるとは。呆れつつも、この謎過ぎる歌手に、ますます興味は募るばかりだ。

 ちなみに、当のくまモンもどきだが、本物に比べると異常に足が長い。いざとなったら「ほら、違いますよ!」と反論するところまで想定済みなんじゃなかろうかとも思うのだが……。
(文=昼間たかし)

最終更新:2018/08/10 12:06

「完全に偽物です」ロシアの歌手、あまりにも堂々とくまモンをパクる……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

強権的な指導者を好む若者増加

 アメリカの調査機関ピュー・リサーチ・センターによれば、世界の多くの国で軍事政権に対...
写真