日刊サイゾー トップ > 芸能  > 杉咲花の殺陣を育てたキムタク師匠

「立ち回りじゃなくて殺し合い」 木村拓哉の教えを受けて“殺陣”に挑戦する杉咲花

杉咲花 公式インスタグラム(@hanasugisaki)より

 7月17日放送の『火曜サプライズ』(日本テレビ系)に、杉咲花と福士蒼汰が出演。映画『BLEACH』の番宣も兼ねて“アポなし旅”を行い、杉咲が意外な人物とのつながりを明かして話題になった。

 今回ロケを行ったのは、レギュラーのウエンツ瑛士に杉咲と福士を加えた3人。ロケ中に福士が「花ちゃん今回の映画(『BLEACH』)でもすごいアクションがあって」と話を振ると、杉咲は「今回の役は、すごい剣を握ることに慣れてる役」とコメント。

 映画『BLEACH』で彼女は“死神”を名乗るヒロイン・朽木ルキアを演じる。杉咲は剣を使ったアクションにも挑戦するのだが、「ほぼ初心者のようなものだったので、すごい練習して福士さんにも何度もつき合っていただいて、殺陣の練習を」と裏話を告白。するとウエンツは、「こんだけ殺陣あったら、拓哉に(連絡)しなかったの?」と質問した。

「“拓哉”とは木村拓哉のことで、杉咲は昨年映画『無限の住人』で共演しています。ウエンツの質問に彼女は、『(木村拓哉に)連絡させていただきました』と返答。『BLEACH』の殺陣をどのように演じたらいいか聞いたところ、木村は『立ち回りじゃなくて殺し合いなんだ。だから本気でやればいい』というアドバイスをおくったそうです。これに視聴者からは、『いかにもキムタクらしい助言!』といった声が。また『今も木村拓哉と花ちゃんが連絡取りあってるのがなんかうれしい!』『いい先輩後輩の関係でほっこりした』と喜ぶ人も少なくありませんでした」(芸能ライター)

 その他、「木村拓哉マジで殺陣上手いからな……」と納得する人も。『無限の住人』で木村は杉咲を守る“用心棒”の役を演じたのだが、この時の殺陣は鑑賞したファンのみならず共演者にも評価されているという。

「『無限の住人』には福士も出演していたのですが、同映画の完成報告会見で木村の殺陣を『すごい』と絶賛。同じく共演者の戸田恵梨香も、木村に武器の扱いに関するアドバイスをもらったと明かしていました。ベテラン殺陣師の辻井啓伺も、WEBメディア『SPICE』のインタビューで『木村さんのポーズというのか間というのか…… あれはスゴイ』『テスト撮影で何十人と斬って止まるときでも、バミリを置いているわけでもないのにバシッとカメラのアングルに収まるところに来る』と舌を巻いています」(同)

 杉咲は木村のアドバイスをどのように実践したのか、映画『BLEACH』を見るときはアクションにも注目したい。

最終更新:2018/07/18 16:30
こんな記事も読まれています

「立ち回りじゃなくて殺し合い」 木村拓哉の教えを受けて“殺陣”に挑戦する杉咲花のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

宮島英紀の「どりこの」発掘ルポ

 我々が生きている現在は、過去の歴史の結果として存在している。小学校から大学まで続く...
写真