日刊サイゾー トップ > 芸能  > タモリの不倫、マスコミ完全スルー!

タモリの不倫騒動をマスコミ完全スルー! 芸能界の“治外法権”は続く……

株式会社 田辺エージェンシー 公式サイトより

 まさかのタモリに“不倫報道”だ。19日発売の「週刊新潮」(新潮社)が、人気脚本家・中園ミホ氏との逢瀬を報じている。

 同誌によると、タモリは炎天下、黒コートに帽子、大きな白いマスクに、トレードマークのサングラスではなく普通のメガネという変装姿で、周囲をしきりに気にしながら中園の住むマンションに入っていったという。

 中園氏は現在放送中のNHK大河ドラマ『西郷どん』(NHK)をはじめ、朝ドラ『花子とアン』やテレビ朝日系の連ドラ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』など数多くのヒット作を担当した超売れっ子。私生活では未婚のシングルマザーで、その体験を作品に投影したこともある。

 愛妻家で知られるタモリの“禁断愛”に業界は騒然。予想通り、テレビ各局と朝刊スポーツ紙はタモリとその所属事務所に忖度し、報道そのものを完全スルー。イケイケの夕刊スポーツ紙ですら、新潮報道をなぞりつつも「不倫ではなく、単なるお茶飲み友達では?」と濁す弱腰ぶりだった。

 実際はどうなのか?

 核心部分を知る関係者は、次のように断言する。

「このネタ、『たまたまそれっぽく撮れちゃった』というものではなく、少なくとも1年前からマスコミ業界でウワサされていた話です。確か新潮のほかにも複数の週刊誌が動いていたはず。確たる証拠がなければ、ここまで動きませんよ。『お茶飲み友達』という見方もありますが、現場のタモリさんの警戒ぶりはハンパじゃありません。周囲を何度も見回し、中園さんのマンションをわざと通り過ぎることもある。こんなこと普通のお茶友達でしますか? どうも中園さん側からタモリさんとの密会情報が流れたらしいですが……」

 タモリは芸能界でも「触れてはならない」治外法権的な立ち位置にいる。今回の疑惑も、気付けば“なかったこと”になっているのだろうが、老いてなおお盛んなことは確かなようだ。

最終更新:2018/07/24 16:00
こんな記事も読まれています

タモリの不倫騒動をマスコミ完全スルー! 芸能界の“治外法権”は続く……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

瓜田純士が逃走犯をプロファイリング

 大阪府警富田林署の面会室から脱走した樋田淳也容疑者(30)が、1週間以上たった現在も...
写真