日刊サイゾー トップ > スポーツ > サッカー  > サッカー日本代表新監督は日本人か

ハリルがトラウマに……!? サッカー日本代表新監督は「日本人」が濃厚なワケ

JFA公式サイトより

 

 先日閉幕したW杯ロシア大会でベスト16入りを果たしたこともあり、サッカー日本代表への関心が高まっている。

 中でも注目を集めているのが、時期監督は誰になるのか? である。

 スポーツニッポンはどこよりも早く、後任監督について「元ドイツ代表監督のユルゲン・クリンスマン氏が就任し、コーチには日本をよく知る元浦和レッズ監督のギド・ブッフバルト氏が入閣する」と報じた。

 各紙も同様の後追い報道を行ったが、日刊スポーツだけは「前サンフレッチェ広島監督の森保一氏を軸とした日本人監督になる」としている。

 果たして、どちらの報道が正しいのか? サッカー関係者に聞いた。

「どちらの報道も五分五分といったところでしょう。両紙共に、日本サッカー協会(JFA)内部に情報提供者がいるのは明らかです。W杯期間中、本田圭佑がメディアに対し、非公開の情報が漏れることに疑問を呈したように、JFA内部からの情報がなければ書けない記事が出ていることがこれを物語っています。両紙の見解に相違があるのは、JFA内部でも“実績ある外国人監督”派と“Jリーグで結果を出した日本人監督”派で割れているからです」

 では、今月26日に発表になるとウワサされている代表監督だが、一体誰になるのか?

「森保監督でしょう。というのも、JFAはハリルホジッチ前監督を招へいしたことを後悔しています。ハリル前監督は、自身のイメージするサッカーができないことにしびれを切らし、選手に対し、徐々に上から目線になっていった。でも、欧州で名監督の下、結果を出してきた海外組からすると『あなたのやり方には問題がないのか?』となる。その齟齬が広がり、解任となったわけです。W杯では選手たちが考える日本人に合ったサッカーが結果を出しました。今回、日本サッカーの進むべき道がある程度見えた上、日本をまったく知らない外国人監督の招へいにはリスクがあるとJFAは考えているはずです」(同)

 FCバルセロナに黄金期をもたらしたペップ・グアルディオラ氏のようなビッグネームが日本代表監督に就任するなら別だが、世界トップクラスの監督が日本に来るとは思えない。そういった背景もあり、「ハリル前監督クラスを呼ぶよりも、Jリーグで結果を出した監督のほうが……」という論調になっているようだ。

 ただ、「ハリル前監督へのアレルギーで、世界に目を向けなくなるのは危険です。ロシア大会では、ハビエル・アギーレ元監督が目をつけていた選手たちが活躍していたことを考えると、もう一度アギーレ氏を招へいし、コーチに森保氏や手倉森(誠)氏などロシア大会のコーチ陣を入閣させ、すべてにおいてレベルアップさせるのがベストでしょう」とサッカー関係者は希望を語る。

 とはいえ、JFAは安全策を採り、日本人監督を選出してしまいそうだが……。

(文=TV Journal編集部)

最終更新:2018/07/25 18:00

ハリルがトラウマに……!? サッカー日本代表新監督は「日本人」が濃厚なワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

三島由紀夫、柳美里…実在の人物を描いた小説の事件簿

 田山花袋が小説『蒲団』で女性の弟子への恋情を描いたこと、三島由紀夫が都知事選に...
写真