日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > 早見あかりに見る理想の「結婚報告」
“生涯ドルヲタ”ライターの「アイドル深夜徘徊」vol.11

早見あかりが見せた、アイドルの理想的な「結婚報告」の姿とは?

 もう一つ、早見の結婚に好感が持たれる理由として、報道が出てすぐに自分の言葉で報告したという点が挙げられる。マスコミ向けに記者会見を開き、「胃が痛い」と緊張しながらも「年内に一般男性の方と結婚させていただきます」と語る姿は実に彼女らしかった。自ら描いたお相手の似顔絵も微笑ましかったし、過美にならない婚約指輪も誠実さを感じさせた。コメントだけでは伝わらない、幸せな気持ちがよく表れていたと思う。

 今の時代、SNSを通して報告しても問題ないように思われるだろうが、意外とこれが大きいのである。ネット上の発言は、あくまでも一方通行のものだ。レスやリプライがもらえるからといって、微妙なニュアンスや感情が汲み取れるとは限らない。また、テレビで報道される時に、会見の様子が映像で伝えられるのと、「Twitterより」「Facebookより」と文面だけ使われるのでは、印象が大きく変わる。

 もちろん、早見はそれらを計算して会見を開いたわけではなく、彼女の性格上、「直接話したかった」ということが第一にあったのだろう。

 今回の早見の結婚に関しては、かつての仲間であった、現・ももクロメンバーからも祝福のコメントが寄せられ、これも好感度アップにつながったようだ。持つべきものはお互いを支え合えるような仲間ということである。

 そして、早見は結婚後も仕事は続けるとのこと。そうなると、これからの動向も重要になってくる。相手が一般の人ということで、二人一緒の写真を公表することはないであろう。また、彼女はSNSもやっていないので、「ラブラブな写真を投稿」ということもないと思われる。ただ、何らかの形で、近況などを伝えてほしいとは思う。

 ファンというのもは、いいにつけ悪いにつけ、いろいろと勘ぐるものだ。結婚はしたものの、家庭の話が一切出てこないとなると、「うまくいっていないんじゃないか」「何か隠したいことでもあるのでは」と不安になってしまう。一番理想的なのは、夫や子どもの顔を隠しつつ、楽しく暮らしているような様子が垣間見られることである。

 こうして見てみると、ファンの存在を意識しながら活動をしていくというのは、なかなか難しいことなのかもしれない。しかし、それでも、自分の行動によって、どのような心境になり、どんな反応を示すかということを想像するだけの力は、芸能人が持ち合わせていなければいけない、ひとつのスキルになっているのだろう。

 早見には、旦那さんとともに素敵な家庭を築き、仕事の面でも、ますます活躍してほしいと思う。

 報道を受けて、嫉妬したり、悔しがったりしている人もいるかもしれないが、本当のところ、ファンは皆、推しにとって幸せな結婚であることを願っているはずなのだから。

(文=プレヤード)

最終更新:2018/12/27 16:54
12
こんな記事も読まれています

早見あかりが見せた、アイドルの理想的な「結婚報告」の姿とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

御茶海マミの“リアル地下ドル”事情

 昨年度の総ライブ出演本数140本(!?)地下アイドル界でも異例の精力的なペースで活...
写真