日刊サイゾー トップ > 芸能  > タモリの「“下半身”都市伝説」

タモリ、まさかの不倫報道! 72歳でもアッチの方は現役だった!?「“下半身”都市伝説」

『ブラタモリ』公式ホームページより

 まさかまさかの不倫発覚である。

「週刊新潮」(新潮社)のスクープにより、あのタモリと人気脚本家・中園ミホの不倫関係が明らかになった。

 この猛暑の中、黒コートに帽子、大きな白いマスクに、おなじみのサングラスではなく普通のメガネをかけて変装したタモリが、周囲の様子を気にしながら中園の住むマンションに出入りする様子が、写真付きで報じられたのだ。

「2014年、30年以上続いた『笑っていいとも!』(フジテレビ系)を降板した際には、『今後は、体調の悪い妻のために時間を使う』などとも報じられ、愛妻家としても知られていただけに、この不倫報道に驚かされた人は多かったはずですが、タモリ所属の大手プロ・田辺エージェンシーへの忖度か、テレビでこの話題が取り上げられることはほとんどなく、NHK『ブラタモリ』ほか、仕事への影響もまったくなさそうです」(芸能記者)

 だが、よくよく考えてみると、タモリはかねがね、「仕事とセックスは家庭に持ち込まない」と公言していただけに、女遊びの一つや二つあっても、なんら不思議はなかったのだ。

 特定の女性との浮いた話はなかったが、実際、業界内では、こんな話は有名だった。

「『いいとも』時代、規則正しいサラリーマンや公務員のような生活を送っていたタモリですが、毎月末には、吉原のひいきのソープランドをお忍びで訪ねているということでした。指名するのはいつも同じ女性で、タモリが好みのタイプと言っていた、フジテレビの田代尚子元アナ(現在は報道局所属社員)にも似た和風美人。ほかの指名はほとんど入らず、ほぼタモリのためだけに在籍を続けている、伝説の泡姫とも伝わっていました」(大手芸能プロ幹部)

 都市伝説のような話だが、72歳の不倫発覚で、今も男として枯れておらず、現役バリバリであることがわかったタモリなら十分、ありえそうな話である。変装に慣れてそうなのも、おしのびソープ通いのたまものだったりして!?

最終更新:2018/07/31 09:48
こんな記事も読まれています

タモリ、まさかの不倫報道! 72歳でもアッチの方は現役だった!?「“下半身”都市伝説」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

巷で話題「港区女子」の実態とは!?

ここ数年、まるでバブルのような存在感でその名を轟かせている「港区女子」。生息地は主に港区...
写真