日刊サイゾー トップ > 芸能  > TAKAHIROの下ネタが絶好調

EXILE・TAKAHIROの下ネタが止まらない……『笑ってコラえて!』ロケで関口メンディーが餌食に

TAKAHIRO EXILE mobileより

 8月1日放送の『1億人の大質問!? 笑ってコラえて!』(日本テレビ系)に、EXILEのTAKAHIROと関口メンディーがゲスト出演。序盤から暴走を見せたTAKAHIROに、「いきなりガッツリ下ネタ言っちゃうのかよ!」とツッコミの声が上がっている。

 2人に加えてバイキング・小峠英二も参加した「朝までハシゴの旅」では、溜池山王にて始発まで“ハシゴ”するという展開に。冒頭で小峠から“酒に強そう”と振られた関口が「弱くはないんですけど、短いんですよね。太く短くっていうか」と答えると、すかさずTAKAHIROが「こう見えて、メンディーのメンディーは細く短い」と発言。関口から「何の話してるんですか!」と返され、小峠を爆笑させていた。

 いきなり下ネタを投入するTAKAHIROに視聴者も爆笑。ネット上では「まだ飲んでもいないのに初っ端から下ネタ入れてくるTAKAHIROすごい」「同じグループのメンバーすらTAKAHIROにとっては下ネタ要員になってしまうのか」「ゴールデンタイムでもTAKAHIROさんの下ネタが絶好調!」といった声が溢れ返っている。

「その後もTAKAHIROのトークは、相性抜群な小峠とのコンビネーションもあって快調そのもの。居酒屋で交際歴0の男性社員と同席した際には、『ムラムラしないの?』と質問。『する』と答えられると、『ムラムラするってことは、どっかにフェチがないと』と掘り下げ始めました。“匂いフェチ”が発覚すると、TAKAHIROは『練り歩いて香りで選別するみたいな』『二度見じゃなくて二度嗅ぎ的な』とジェスチャーを交えて表現。小峠も『今イイ匂いした!』と乗っかり、2人で嬉しそうに爆笑しています」(芸能ライター)

 TAKAHIROの“下ネタ好き”は有名で、2017年6月放送の同企画で小峠と初共演した際にも下ネタを展開。すっかり酔いの回った小峠に対して、「湯上りのキンタマみたい」と例えていた。

「今回の溜池山王ロケでは偶然TAKAHIROの同級生と再会するミラクルが起き、中学時代のTAKAHIROについて暴露されています。当時からモテモテだったというTAKAHIROは女子に水鉄砲をあてて遊び、女子側も『タカぼうならいいか』と許容していたそう。この頃には既にTAKAHIROの“下ネタ好き”な性格が出来上がっていたのかもしれません」(同)

 次にTAKAHIROからどんな下ネタが飛び出すのか、ドキドキしながら楽しみにしていよう。

最終更新:2018/08/02 20:00
こんな記事も読まれています

EXILE・TAKAHIROの下ネタが止まらない……『笑ってコラえて!』ロケで関口メンディーが餌食にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(後編)

【前編はこちらから】  インディーズ映画界の巨匠・若松孝二監督と「若松プロ」に集まっ...
写真