日刊サイゾー トップ > 芸能  > 常識を超えた、もこみち流オムレツ

速水もこみち流オムレツが斬新すぎる! 謎の食材登場で「俺の知ってるオムレツじゃない」の声

速水もこみち 研音オフィシャルサイトより

 8月3日に放送された『ZIP!』(日本テレビ系)の人気コーナー「MOCO’Sキッチン」。速水もこみちが夏野菜を使った“もこみち流オムレツ”を紹介したのだが、斬新すぎるレシピに視聴者からは「俺の知ってるオムレツじゃない!」と驚きの声が巻き起こった。

 今回の放送では、オムレツ好きの投稿者から「形を崩してしまう」「内容もありきたり」という相談が。そこで速水は“夏野菜たっぷり食感も楽しいオムレツレシピ”を提案し、さっそく深めのフライパンにオリーブオイルを流し込んで野菜の調理に入っていく。

 アスパラガスなどの夏野菜をカットし、フードプロセッサーにまとめて投入する速水。さらに「夏野菜ではないんですけれども」と前置きしつつ取り出したのが、水煮した“アーティチョーク”だった。「今回、アーティチョークなんてあると良いんじゃないでしょうか」と包丁で刻む速水だが、ネット上には「アーティチョークってなんだ…」「あると良いんじゃないでしょうか、と言われても存在自体知らないんですけど」といった声が。

 カットしたアーティチョークと調味料を加えて野菜を炒め、溶き卵と混ぜると蓋をして蒸し焼きスタート。5分ほどして蓋を開けると、野菜と絡みながらふっくらと仕上がったオムレツが姿を現し、最後にオリーブオイルで炒めたアーティチョークを乗せて完成となった。

「アーティチョークは日本で馴染みのないキク科の野菜で、ネット上には『スーパーでも見かけたことがない』という声が多く見られました。さらに今回のレシピは、本来のオムレツとは程遠い“蒸し焼き型”で見た目もインパクト十分。『もこみち流 夏野菜とアーティチョークのオムレツ』を完成させた速水に、『夏野菜メインのはずが完全にアーティチョークが主役』『さすがに形はシンプルだろうと思ってたら軽く常識を超えてた』『これは自分で作りたいとは思えないwww』とツッコミが相次いでいます」(芸能ライター)

 馴染みのない食材と斬新な見た目のオムレツで視聴者をザワつかせた速水だが、過去にも想像を絶するレシピを披露して話題に。

「2014年3月放送のポテトサラダが視聴者から“神回”と称されています。サラダレシピにも関わらず、速水はフライパンに大量のオリーブオイルを投入。さらにオリーブをごろごろとサラダに混ぜ込み完成させた『もこみち流 数種のオリーブのポテトサラダ』に、ネット上では『オリーブ三昧かよ!』『オリーブオイルの湖で笑ったのに追いオリーブはヤバい』といった声が続出しました」(同)

 次はどんなレシピで視聴者を驚かせてくれるのか。今後の放送に期待しよう!

最終更新:2018/08/03 23:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

速水もこみち流オムレツが斬新すぎる! 謎の食材登場で「俺の知ってるオムレツじゃない」の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

「パパ活」アプリ利用者の実態

 渡部篤郎主演、野島伸司脚本でドラマ化された『パパ活』(2017年)のヒット以後、「パ...
写真