日刊サイゾー トップ > 芸能  > 吉岡里帆のドラマよりエロいお宝映像

吉岡里帆、『ケンカツ』より“100倍エロい”お宝入浴映像があった!?

エーチーム公式サイトより

 せっかくの肌露出も、残念ながら視聴率アップには結びつかなかった。

 7月31日に放送された吉岡里帆主演のドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)第3話の視聴率が5.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。初回7.9%、第2話5.5%と低空飛行が続いたが、回復の兆しは見えないままだ。

 吉岡は今年1月期に連ドラ初主演した『きみが心に棲みついた』(TBS系)も平均視聴率7.7%と結果が残せなかった。2作連続での爆死となれば、「主演女優失格」の烙印を押されかねないため、3話では“わかりやすい”テコ入れが行われていた。

「これまで『ケンカツ』に“お色気シーン”は皆無でしたが、3話では吉岡の入浴シーンが盛り込まれました。しかし、お風呂のお湯には白の入浴剤が使われており、吉岡の胸の谷間どころか首から上しか見えなかったため、視聴者も消化不良。ネット上では『お湯を濁すな!』『サービスカットになっていない!』と不満の声が上がりましたよ」(テレビ誌ライター)

 ドラマでは煮え切らない入浴シーンを披露した吉岡だが、グラビア活動をしていた時代には“激エロ”な入浴映像にも挑んでいたという。週刊誌記者が声を潜めて明かす。

「吉岡は『週刊プレイボーイ』(集英社)で水着姿のまま銭湯に入る付録DVDに出演しているのです。映像は服を脱ぐところから始まり、ピンクの極小ビキニになって、くびれたウエストと推定Eカップの軟らかそうなバストを披露。そのまま入浴シーンに入りますが、ドラマと違い、こちらのお湯は透明なため、彼女のボディラインは丸わかり。続いてベージュのチューブトップ姿で露天風呂でのシーンに移りますが、座って手をついて胸を寄せると、今にもこぼれそうでボリューム感に圧倒されます。また羽織っていた薄い布が濡れてカラダにピッタリと張り付いているのが、この上なくエロチック。笑顔で手を振ったり顔を隠したりする彼女の仕草がかわいらしく、エロいカラダとのギャップはキュン死ものです。この映像は今でもネット上で確認できますが、ドラマでもこのくらい見せてくれていたら、視聴率は間違いなく急回復していたことでしょう」

 ドラマの入浴シーンでは吉岡も水着になっていたはずで、彼女のすごいボディを目の当たりにしたスタッフが、このあと“起死回生のお宝演出”をしてくれることを期待したい!?

最終更新:2018/08/04 08:00
こんな記事も読まれています

吉岡里帆、『ケンカツ』より“100倍エロい”お宝入浴映像があった!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

25歳素人童貞の果てなき風俗愛

 19歳で風俗初体験をして以来、7年間にわたってネットに風俗レポートをアップし続けて...
写真