日刊サイゾー トップ > 芸能  > DA PUMP、露出減が功を奏した?

『U.S.A』大人気のDA PUMP、ISSAのピーターパン出演でメディア露出できなかったことが逆によかった?

「U.S.A.」(SONIC GROOVE)

 今年のNo.1ブレイク曲となりそうなDA PUMPの『U.S.A.』。YouTubeにアップされたミュージックビデオは約4,000万回再生され、配信チャートでも1位を獲得するなどの大人気ぶり。『NHK紅白歌合戦』出場も狙えるのではないかと囁かれている。しかし、その一方で「本当ならもっと売れていたはず」との声も。音楽業界関係者の弁だ。

「メインボーカルのISSAは、7月21日から8月1日までミュージカル『ピーターパン』に出演していました。さらにこの後、8月に入ってからも地方公演があります。基本的にスケジュールはミュージカル優先となっていたので、実はDA PUMPとしてのメディア出演などの活動が制限されているんですよ。もしも、『U.S.A.』の発売時期が『ピーターパン』とかぶっていなければ、DA PUMPのメディア露出は数倍だったはず。それこそ社会現象的なブレイクになっていたかもしれません」

 しかし、その一方で、ISSAが『ピーターパン』でスケジュールを押さえられていたことが功を奏したとの意見もある。

「もしもDA PUMPがテレビに出まくっていたら、一瞬で消費されてしまいますよ。それこそ、ピコ太郎やブルゾンちえみのようなイロモノ的な一発屋扱いをされる可能性も高い。テレビタレントであれば、それでもいいのでしょうが、DA PUMPはあくまでもアーティストですからね。本人たちとしては、地に足を着けた活動を望んでいると思います」(音楽ライター)

 そもそも『U.S.A.』のリリースにあたり、レコード会社のエイベックスも所属事務所のライジングプロダクションもそこまで強く宣伝する予定はなかったようだ。

「今回『U.S.A.』がブレイクしたのは完全に口コミの効果。SNS上で“ダサかっこいい”ということで話題になり、じわじわ売れてきているわけです。だからこそ、『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)での密着が放送された後にまた配信チャートで1位に返り咲いたりもしている。瞬間的に大きく拡散されていたら、すぐに飽きられていたかもしれない。それなりに時間をかけて、いろんな層に届いているということは、むしろあまり宣伝できなかったことがプラスに働いているといえるでしょう」(同)

 ヘタにゴリ押しをするよりも、勝手に話題になるのを待つくらいのほうがいいのかもしれない。

最終更新:2018/08/06 10:00
こんな記事も読まれています

『U.S.A』大人気のDA PUMP、ISSAのピーターパン出演でメディア露出できなかったことが逆によかった?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

中東紛争を題材にした傑作映画

 笑ってはいけないシチュエーションほど、...…
写真
インタビュー

電気グルーヴ騒動を斬る!

 今年3月、コカインを使用したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕された電気グルーヴのピエ...
写真