日刊サイゾー トップ > 芸能  > リア・ディゾンの2大“黒歴史”

リア・ディゾン、写真集復刊でよぎる「馬」と「花びら」……2大“黒歴史”って!?

『Petite Amie』(集英社)

 2006、07年に発売され、合わせて発行部数30万部以上を記録したリア・ディゾンの初写真集『Petite Amie』(集英社)とムック『ハロリア! Hello! Leah』(同)が、デジタル版として復刊され、8月6日に配信がスタートした。

「彼女は2006年に来日し、『グラビア界の黒船』というキャッチコピーでグラビア界を席巻。その後、歌手デビューも果たし、07年に『NHK紅白歌合戦』に出場しています。しかし、08年に結婚と妊娠を電撃発表。結婚会見ではファンに対して『ポイしないで』との迷言を残し、翌09年に女児を出産しています。その後、10年に離婚。17年には『週刊プレイボーイ』(集英社)でグラビアを披露しています。今回の復刊も日本で活動を再開させる布石かもしれませんね」(週刊誌記者)

 そんなリア・ディゾンは、日本でブレイクした途端、アメリカでの過去の“B級仕事”が続々と発掘されてもいた。中でも強烈だったのが、07年に日本でも発売されたDVD『リア・ディゾン in USA』だ。アメリカでレースクイーンとして活動していた05年頃の撮影だが、作中のインタビューで衝撃の発言をしているのだ。

「エッチなのよ。いちばんイケナイことは……私はとても積極的な子だったのよ。ヤッたのは馬と……馬とヤッた」

「ご丁寧に日本語のテロップもかぶさっていました。あのスレンダーなボディと馬!? と、週刊誌でも話題騒然となりました。ただ、正確には『I did horses』と発しており、『horses』には“恋人以外”という訳し方もあるそう。いずれにせよ、『ユルい下半身』だったのは間違いなさそうですが(笑)」(芸能記者)

 さらに、このDVDを宣伝するために掲載された「週刊ポスト」(小学館)のグラビアでも、ひと騒動起こしている。

「ラジオ番組でこのグラビアを丹念に眺めていたパーソナリティが、掲載されたカットに、彼女の“花びら”が写っていると断言したのです。膝立ちして後ろを振り返る彼女の股間から飛び出して見える“何か”を巡っては、ネット上でも『影だ!』『ポロリだ!』と議論が巻き起こったものです」(同)

 全盛期以上のお色気キャラでの復活なら、当時のファンも大歓迎では?

最終更新:2018/08/07 19:30
こんな記事も読まれています

リア・ディゾン、写真集復刊でよぎる「馬」と「花びら」……2大“黒歴史”って!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

進次郎をダメにした記者と永田町

今週の注目記事・第1位「菅原一秀経産相『秘書給...…
写真
インタビュー

岩井ジョニ男インタビュー!

 いま「おじさん」は、かつてないほど苦境に立たされている。ズレた発言、ズレたLINE...
写真