日刊サイゾー トップ > 芸能  > 元AKB48に尼神インターがブチギレ

尼神インター渚「コッチ来い殴ったるわ」ブチギレも納得な元AKB48・西野未姫の“炎上狙い”

西野未姫 公式ブログより

 8月7日に放送された『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)に、元AKB48の西野未姫が出演。共演者でお笑いコンビの尼神インター(誠子・渚)に暴言を吐き、視聴者から「さすがに失礼すぎ」「炎上狙いの魂胆が見え見えでムカつく」と反感を買ってしまったようだ。

「話題の美女がブチギレSP」と題したトークで、西野は「私の先輩の話なんですけど」と前置きしつつ「“すっごい可愛い”と“すっごいブス”っているじゃないですか」といきなり解説を開始。続けて「すっごい可愛くもないしすっごいブスでもない、“ちょうどいいブス”っているじゃないですか。すっごいブスっていうと、誠子さんとか」と名指ししてしまう。

 突然の暴言に、明石家さんまが「俺らが言うてもいいけど君から言われると誠子も傷つくと思うわ!」と誠子にフォローを入れても西野はお構いなし。さらに「ちょうどいいブスっていったら、まぁ渚さん」と言い放ち、渚が「なんやねんアイツ!」「アイツなんか腹立つな」と臨戦態勢に。視聴者も西野の発言を不快に感じたようで、ネット上には「イライラするなぁ。自分の顔見てから言えよ」「さすがに名指しでブス呼ばわりする姿は見てて引く」「バラエティで足跡残したいのか知らんけど、とりあえず誰かに噛みつけばいいって感じが嫌」といった批判が続出した。

「西野の暴言に、共演者のデヴィ夫人も『あなたは何を言おうとしているの?』と不機嫌モードになっていました。慌てて本題に入ったものの、さんまから『君はどの分野に入ってんねん』と聞かれた西野は、躊躇なく『私は“可愛い”寄り』と宣言。渚から『ブスやないか!』とツッコまれても『いやいやいや!』『可愛いですもん、だって』と全力で否定しており、『コッチ来い、殴ったるわ』と渚をキレさせています」(芸能ライター)

 かつては「第2のまゆゆ」と呼ばれるほど人気を誇っていた西野。“炎上狙い”のトークは多くのファンを落胆させており、5月29日放送の『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)でのトークも顰蹙を買っている。

「番組内で西野は、AKB48所属時代は品川にある家賃21万円のタワーマンションに住んでいたと告白。現在はバイトをしながら荒川にある8万円のマンション住まいだそうで、バイトを辞めて21万円のマンションに戻りたいと切望しました。過去の栄光にすがる姿に、共演者の菊地亜美から『しゃべればしゃべるほど炎上しそうな臭いがしてすごく好き』と皮肉られていました」(同)

 このまま西野が炎上タレントとして名を上げても、喜ぶファンはいないだろう。

最終更新:2018/08/08 15:30
こんな記事も読まれています

尼神インター渚「コッチ来い殴ったるわ」ブチギレも納得な元AKB48・西野未姫の“炎上狙い”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

ダイアン、東京進出のきっかけは…

 今年4月、芸歴18年目にして念願の東京進出を果たしたダイアン。同期には、キングコン...
写真