日刊サイゾー トップ > 芸能  > 超特急ファンがDA PUMPに猛反発

超特急のファンがDA PUMPのブレークに猛反発? こっちはずっと「ダサかっこいい」なのに!

「Jesus通常盤) 」(SDR)

“ダサかっこいい”と大ブレークを果たしたDA PUMPの『U.S.A.』。特に話題なのが親指を立てて上下に振る“いいねダンス”だ。

「この振り付けは“シュートダンス”といって、世界中で流行しているもの。『U.S.A.』の振り付けを担当したDA PUMPのTOMOも『シュートダンスをサンプリングした』と明言しています。ちなみに、GENERATIONSも『F.L.Y. BOYS F.L.Y. GIRLS』という楽曲の中で同様のダンスを取り入れています」(音楽関係者)

 日本では“いいねダンス”としてDA PUMPが流行させたが、GENERATIONSのファンとしては納得いかない部分もあるようだ。

「GENERATIONSとDA PUMPは、ほぼ同時期にこのシュートダンスをやっていて、どちらが先という感じでもない。でも、“シュートダンス”が世界で流行しているということは紹介せずに、DA PUMPの“いいねダンス”のみをピックアップするメディアも見受けられるので、あたかもGENERATIONSがDA PUMPの後追いをしているように見えてしまうこともあるわけです。GENERATIONSのファンは、ちょっともやもやしているようですね」(同)

 また、DA PUMPが“ダサかっこいい”と形容されることについて、複雑な感情を持っているのが、ダンス&ボーカルユニット「超特急」のファンだという。

「超特急は、デビュー以来コミカルな雰囲気と格好いいダンスを融合させたパフォーマンスを見せてきています。超特急のファンの間では『こっちはずっと“ダサかっこいい”をやってるのに!』なんていう声が上がっているようですね」(同)

 そもそもDA PUMP本人たちから“ダサかっこいい”というテーマが提示されたのではなく、いつの間にか“ダサかっこいい”という形容詞で取り上げられるようになっただけのこと。DA PUMPはむしろ妙な論争に巻き込まれているのだ。

「DA PUMPの『U.S.A.』の面白さは、20代後半から30代後半のプロフェッショナルなパフォーマーたちが、テンションが高くてコミカルな楽曲に取り組んでいること。おじさんが本気でふざけているのが面白いのであって、GENERATIONSや超特急のように若いメンバーたちのパフォーマンスとはまた違った魅力だといえるでしょう。ライバルという感じでもないはずなのだから、“ダサかっこいい”でコラボするのもアリだと思いますけどね」(同)

 今年の年末にかけての音楽番組で、禁断の“ダサかっこいい”コラボもありうるかもしれない!?

最終更新:2018/08/14 10:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

超特急のファンがDA PUMPのブレークに猛反発? こっちはずっと「ダサかっこいい」なのに!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

岡村がビビる松本をイジる若手

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

ブレイク間近、アインシュタイン登場

 関西ではすでに和牛やアキナと並び、抜群の人気を誇るアインシュタイン。そして現在、ボ...
写真