日刊サイゾー トップ > 芸能  > 徳永アナ起用の裏にテレ朝の人材不足

『報ステ』徳永有美アナ起用の裏にある“深刻すぎる人材不足”テレ朝に「仕切れる人材ナシ」

徳永有美 公式サイトより

 テレビ朝日系の報道番組『報道ステーション』が、10月から元同局アナで現在はフリーの徳永有美アナウンサーを起用する。

「一日入魂、全力で頑張る」

 そう宣言した徳永アナは、2004年から1年間、同番組のスポーツコーナーに出演。私生活では入社4年目の01年に同局社員と結婚したが、バラエティー番組で共演していたお笑いコンビ、ウッチャンナンチャンの内村光良との不倫が発覚し、離婚。当時担当していた情報番組を降板の末、内村と再婚している。

 05年4月にテレビ朝日を退社していたが、昨年1月に同局も出資するインターネット放送局・AbemaTVのニュース番組のキャスターとして現場復帰していた。

「13年ぶりにうちの番組に復帰すると世間では話題になっていますが、裏を返せば40代の女性局アナで、ニュースを仕切れる人材がいないということ。『徳永を使うなんてどういうことだ?』という声も聞こえているが、背に腹は代えられないのが本音。まあ、徳永アナはフリーですから、“ダメなら切ればいい”というメリットはありますけどね」(同局関係者)

 人材不足の中、勝手知ったる環境で徳永アナの真価が問われる。

最終更新:2018/08/15 08:00
こんな記事も読まれています

『報ステ』徳永有美アナ起用の裏にある“深刻すぎる人材不足”テレ朝に「仕切れる人材ナシ」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

キンプリ平野の「今後の不安」

 今回取り上げるのは、King & ...…
写真
インタビュー

瓜田純士が逃走犯をプロファイリング

 大阪府警富田林署の面会室から脱走した樋田淳也容疑者(30)が、1週間以上たった現在も...
写真