日刊サイゾー トップ > 芸能  > AKB48『じゃんけん大会』地下化で…

AKB48『じゃんけん大会』キャパ4,000人の“地下化”に潜む可能性……再浮上のチャンスになる!?

『AKB48グループ 第2回ユニットじゃんけん大会』特設サイトより

 9月23日に開催される『第2回AKB48ユニットじゃんけん大会』の会場が、東京都大田区の日本工学院専門学校内地下にある片柳アリーナに決定した。

 片柳アリーナは日本工学院専門学校の多目的アリーナで、キャパシティーは4,000人程度。これまでAKB48のじゃんけん大会は8回行われているが、会場の規模としては最小となる。

「日本武道館や横浜アリーナで開催されていたことを考えると、かなりの規模縮小は否めない。また、会場が“地下”ということもあって、一気にマイナー化してしまった印象も強く、AKB48のピークアウトを実感するファンも少なくないようです」(芸能ライター)

 しかし、一方で“地下化”したことで、より個性的なイベントに生まれ変わっていく可能性も指摘される。

「AKB48のじゃんけん大会は、メンバーそれぞれがコスプレをして登場するのが恒例となっています。また、昨年からはメンバーが自由にユニットを組んで参戦し、優勝するとユニットでCDデビューができるというルールになっており、メンバーのプロデュース能力を測る場にもなっている。いわば自由な表現が許されるイベントとなってきているわけであり、そういう意味では、必ずしも大きな会場でショーアップする必要もない。小規模イベントだからこその自由な表現も可能なわけで、イベントの趣旨を考えれば、意外と“地下化”はアリなのではないでしょうか」(同)

 そもそもAKB48は、過去のアイドル文化にこだわらない柔軟な発想によって、ブレークを手中に収めてきた。

「それこそ選抜総選挙は、CDを売るための手段だとして批判もされてきましたが、あのイベントがあったからこそ、注目度が高まったわけです。また、指原莉乃のようにスキャンダルをグループの活動にフィードバックしていくのも、AKB48ならではの手法。ネガティブな要素すらも、ポジティブに解釈していけるのは、AKB48の得意とするところ。だからこそ、じゃんけん大会の規模縮小や地下化は、むしろチャンスなのでは。これまでのアイドルの歴史にはなかったような、革新的なイベントとなる可能性もなくはない」(同)

 最近マンネリ化してきたといわれている、じゃんけん大会。これをキッカケに、生まれ変わる?

最終更新:2018/08/16 09:28

AKB48『じゃんけん大会』キャパ4,000人の“地下化”に潜む可能性……再浮上のチャンスになる!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

小岩が「夜ふかし」の悪イメージから生まれ変わる!?

 東京都江戸川区に位置する小岩は、今でも下町風...…
写真
インタビュー

三島由紀夫、柳美里…実在の人物を描いた小説の事件簿

 田山花袋が小説『蒲団』で女性の弟子への恋情を描いたこと、三島由紀夫が都知事選に...
写真