日刊サイゾー トップ > 芸能  > AKB48『じゃんけん大会』地下化で…

AKB48『じゃんけん大会』キャパ4,000人の“地下化”に潜む可能性……再浮上のチャンスになる!?

『AKB48グループ 第2回ユニットじゃんけん大会』特設サイトより

 9月23日に開催される『第2回AKB48ユニットじゃんけん大会』の会場が、東京都大田区の日本工学院専門学校内地下にある片柳アリーナに決定した。

 片柳アリーナは日本工学院専門学校の多目的アリーナで、キャパシティーは4,000人程度。これまでAKB48のじゃんけん大会は8回行われているが、会場の規模としては最小となる。

「日本武道館や横浜アリーナで開催されていたことを考えると、かなりの規模縮小は否めない。また、会場が“地下”ということもあって、一気にマイナー化してしまった印象も強く、AKB48のピークアウトを実感するファンも少なくないようです」(芸能ライター)

 しかし、一方で“地下化”したことで、より個性的なイベントに生まれ変わっていく可能性も指摘される。

「AKB48のじゃんけん大会は、メンバーそれぞれがコスプレをして登場するのが恒例となっています。また、昨年からはメンバーが自由にユニットを組んで参戦し、優勝するとユニットでCDデビューができるというルールになっており、メンバーのプロデュース能力を測る場にもなっている。いわば自由な表現が許されるイベントとなってきているわけであり、そういう意味では、必ずしも大きな会場でショーアップする必要もない。小規模イベントだからこその自由な表現も可能なわけで、イベントの趣旨を考えれば、意外と“地下化”はアリなのではないでしょうか」(同)

 そもそもAKB48は、過去のアイドル文化にこだわらない柔軟な発想によって、ブレークを手中に収めてきた。

「それこそ選抜総選挙は、CDを売るための手段だとして批判もされてきましたが、あのイベントがあったからこそ、注目度が高まったわけです。また、指原莉乃のようにスキャンダルをグループの活動にフィードバックしていくのも、AKB48ならではの手法。ネガティブな要素すらも、ポジティブに解釈していけるのは、AKB48の得意とするところ。だからこそ、じゃんけん大会の規模縮小や地下化は、むしろチャンスなのでは。これまでのアイドルの歴史にはなかったような、革新的なイベントとなる可能性もなくはない」(同)

 最近マンネリ化してきたといわれている、じゃんけん大会。これをキッカケに、生まれ変わる?

最終更新:2018/08/16 09:28
こんな記事も読まれています

AKB48『じゃんけん大会』キャパ4,000人の“地下化”に潜む可能性……再浮上のチャンスになる!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

『シンゴジ』以降の主流なき邦画界

 興収83億円を記録した『シン・ゴジラ』(16)を最後に、日本の実写映画から50億円...
写真