日刊サイゾー トップ > 芸能  > ガンバレルーヤに大物が救いの手

ガンバレルーヤ「東京に馴染めない……」大ピンチに内村光良、渡部建ら”大物”が救いの手

ガンバレルーヤ |吉本興業株式会社より

 女性お笑いコンビ・ガンバレルーヤの人気が急上昇中だ。2人は吉本総合芸能学院(NSC)の35期生で、当時同じマンションに住んでいたことが縁でコンビを結成。有望株として2017年には東京に進出を果たした。コンビでルームシェアをしており、今でも一緒にお風呂に入るなど仲良く生活をともにしている。

 そんなガンバレルーヤだが、ボケ担当のよしこが上京して以降、東京に馴染めていないという。今年5月には一部週刊誌で「東京の水が合わないのが原因で、よしこの顔が荒れてしまっている」と報じられた。

「あれは洗顔するときの『水』のせいではなくて、ストレスによるものだそうです。よしこは、寂しがり屋ですぐに酒に逃げてしまうクセがあるようで、相方のまひるも困っています。よしこはまひるに頼り切りで、よしこの意向もあって『結婚するまで一緒に暮らそう』と話し合っていますよ。まひるも『これでは、なかなか結婚できない』と嘆くほどです」(芸能関係者)

 8月に入ってからは海産物を食べたら食中毒にアタってしまい39度を超える熱を出したというよしこ。その際にもまひるが必死の看病をしたという。

「そんな2人を見かね、いろんな人が助けを出しているようです。ガンバレルーヤが『東京の父』と慕うウッチャンナンチャンの内村光良は、仕事面でさまざまなアドバイスを送っていますよ。またアンジャッシュの渡部建は、お酒好きのよしこのためにおいしい飲食店を紹介したりと、いろんな人に面倒を見てもらって、みんなにカワイがられています」(同)

 芸能界の大物から次々と救いの手が差し伸べられるガンバレルーヤ。あの素朴な風貌と性格には、先輩たちをひきつける何かがあるのかもしれない!?

最終更新:2018/08/20 12:00

ガンバレルーヤ「東京に馴染めない……」大ピンチに内村光良、渡部建ら”大物”が救いの手のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

フワちゃんを真正面から受け止める黒柳徹子

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

百田尚樹の“変節”読み解く

 『永遠の0』(講談社文庫/単行本は太田出版、2006年)などで知られる小説家であり...
写真