日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 東山紀之、冠情報番組でお飾り状態……

東山紀之、『サンデー LIVE!!』ついにどうでもいい立ち位置に……テレ朝の期待は“ジャニーズ不祥事”だけ!?

『サンデーLIVE!!』公式ホームページより

 東山紀之がメインキャスターを務める、『サンデー LIVE!!』(テレビ朝日系)が、間もなく開始から1年を迎える。

「仮面ライダーと戦隊ヒーローものが続く、子どもたちのゴールデンタイムとして完全に定着していた“スーパーヒーロータイム”を後ろに90分ズラしてまでスタートさせた、社運をかけた“絶対負けられない戦い”に、なぜ東山を起用するのか、まともにキャスターが務まるはずがないと、この編成、キャスティングへの疑問の声は大きく、ジャニーズへの接待にも程があると批判的な意見もネットに溢れました」(芸能記者)

 東山の力量が大きく問われていたワケだが、

「視聴率は4%前後をウロウロ。スタート当初は、東山が積極的に取材に出る姿勢も見られ、番組内での存在意義も多少は見えましたが、とくに面白いことを言うわけでなく、坂上忍のように討論を仕切れるわけでもなく、独自の見解があるわけでもない東山の存在意義はほとんどなく、現在は、ニュースのタイトルを読み上げ、カンペ通りにコメンテーターに見解を求める以外に任せられる仕事がない状況が続いています」(テレビ雑誌記者)

 と、想像通りの展開となっており、ネットでは【サンデーLIVE!! 東山】と検索すると、関連ワードに「下手」「いらない」といった文字が出てくるほど不評を極めている。

 だが、テレ朝はそんな東山に少しでも見せ場を作ろうと、おもねりまくっているからどうしたものか。

「番組で取り上げられるネタのチョイスもそれは明らか。8月12日には、〈マッハ文朱36年ぶりの新曲〉という、世間の誰も興味のない、他局のワイドショーではスルーするようなネタを取り上げました。東山は、『マッハさんからビューティーペアにつながっていく。ブームで僕も見にいきました』と、コメンテーター・松木安太郎とともに目を輝かせていました。また、中村雅俊の舞台のニュースでは、『(中村に憧れて)高下駄はきましたよね』と、この日からコメンテーターに加わった同世代の八代英輝弁護士に、楽しそうに同意を求めていました。空気の読める同世代のおっさんコメンテーターでかため、東山がやりやすいようなネタを扱っていこうという、番組サイドの気の使い方があまりに露骨で見ていてシラケるばかりでした」(同)

 東山自身、「無理だと思われているのならやってやる」と意気込みを語ってのスタートとであったが、結果、やはり東山にキャスターとしての適性があったとは思えないのである。

 だが、そんな東山に、唯一、存在価値が出てくるシーンがある。

「ジャニーズタレントの番宣やニュース時に、スタジオに大先輩の東山がいることで、彼らが他の番組では見せない顔を見せること。ファンにとっては楽しみがあるかもしれません。そしてなにより、ジャニーズタレントが問題や不祥事を起こしたとき。NEWSの小山慶一郎と加藤シゲアキに未成年女生徒の飲酒報道後には、『人間的な成長をさらに望むということです』と苦言を呈し、元TOKIOの山口達也の女子高生への強制わいせつ事件の際には、『周りにいた僕らにも責任はある』と謝罪するなど、どんな発言をするのか注目され、ネットニュースを多少は賑わせます」(前出・芸能記者)

 つまり、東山の番組での存在価値は、良くも悪くも後輩たち次第ということ。そんな東山を起用し続けてまでも、ジャニーズとのパイプを保ちたいテレ朝ともども、もっとシャキッとして欲しいものだ。

最終更新:2018/08/20 23:30
こんな記事も読まれています

東山紀之、『サンデー LIVE!!』ついにどうでもいい立ち位置に……テレ朝の期待は“ジャニーズ不祥事”だけ!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

石田ゆり子、本当は気が強い!?

「奇跡の50歳」といわれる若さと美貌で大人気...…
写真
インタビュー

元NHK堀潤氏が語る権力とメディア

 マスメディアには権力を監視する役割があると言われるが、果たして本当だろうか? 籾井...
写真