日刊サイゾー トップ > 芸能  > 長嶋茂雄氏の極秘入院を漏らしたのは!?

“ミスター”長嶋茂雄氏の極秘入院情報を漏らしたのは誰だ!? 芸能プロ幹部の「極秘情報」

『野球人は1年ごとに若返る』(KADOKAWA)

「なんで漏れたんだ!」

 そう声を荒げるのは、読売グループのある社員だ。球界の「ミスター」こと長嶋茂雄さんの“重病説”が球界を駆け巡っている。

 一報を伝えたのは8月9日発売の「女性セブン」(小学館)。〈長嶋茂雄緊急入院!「懸命の病室」と「家族の相克」〉のタイトルで、長嶋さんが胆のうの不調により、肌や目が黄色くなる黄疸の症状が出ていたことを報じた。

 記事には、高熱とともに激しい腹痛に襲われた長嶋さんが病院に救急搬送され、8月上旬の時点で病状は一進一退で、予断を許さない状況だったと伝えられている。

 これに慌てたのが、読売巨人軍の球団広報だ。セブンの発売前日に「ミスターコメント」を発表。そこには〈大変ご心配をお掛けしました。おかげさまで回復しています。今は静養に努めながら、昼は高校野球、夜は巨人戦をテレビ観戦しています。山口俊投手のノーヒット・ノーランには心が震えました。内海、吉川光、メルセデスの左腕3投手による対DeNA戦3連勝には元気をもらいました。チームは苦しい状況ではありますが、優勝をあきらめずに最後まで頑張ってほしいと思います〉と記されていたが……。

 スポーツ紙のプロ野球担当記者は「火消しを急いだ印象を受けました。球団側は、各紙の問い合わせに『ただの胆石だ』と説明していましたが、具体的な病状は言わず、どうも歯切れが悪い。業界では今も“一時危篤説”が流れるなど、情報が錯綜しています」と話す。

 そもそも球界の象徴とも言うべきミスターの超トップシークレット情報が、なぜ漏れたのか?

 不可解なのは、スクープしたのが「週刊文春」(文藝春秋)や「週刊新潮」(新潮社)、「フライデー」(講談社)といった男性週刊誌ではなく、女性誌のセブンだったこと。それも夏の合併号の目玉記事だった。

「読売から漏れるとしたら、まずは系列の報知新聞に話がいくはず。つまり今回は球界ではないところから情報が漏れた可能性が高い」(週刊誌記者)

 そんな中、ある芸能プロ幹部が意味深につぶやく。

「息子の一茂だろうね。彼はいま長嶋家とは距離があるから。その一方で、最近彼がテレビで引っ張りダコなのは、芸能界の重鎮が後ろ盾になっているから。その重鎮とセブンは親しいことで有名。あとはもうわかるでしょ」

 現在、長嶋さんの病室には娘の三奈さんと長年身の回りの世話をしている男性が交代で詰めているそうだが、一茂は見舞いに訪れていないという。それはいったい、何を意味するのか……。

最終更新:2018/08/22 22:00
こんな記事も読まれています

“ミスター”長嶋茂雄氏の極秘入院情報を漏らしたのは誰だ!? 芸能プロ幹部の「極秘情報」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

神の沈黙を描き切った注目の新鋭監督

 神さまは本当にいるの? 人間は死んだらどうなるの? 誰しも子どもの頃に頭を悩めた問...
写真