日刊サイゾー トップ > 芸能  > 安室奈美恵“政界進出”の可能性?

安室奈美恵、引退後に“政界進出”の可能性は?「今井絵理子よりは……」の声も

安室奈美恵 公式サイトより

 翁長雄志沖縄県知事の急逝を受けて、次の知事選へ向けて候補者選び作業が進んでいる。翁長知事の意思を継ぐ「オール沖縄」の有力候補としては、自由党の玉城デニー衆議院議員が翁長知事から後継指名を受けているといわれ、本人も出馬を前向きに検討している。

 今回の知事選をめぐっては、候補者選びが難航し、鳩山由紀夫元首相のほか9月16日に引退を表明している安室奈美恵の名前も取り沙汰された。さすがに、今回の知事選への出馬はないだろうが、将来的なビジョンとしては安室の政界進出の可能性はあるのだろうか。

「安室に同じく沖縄出身の女性ミュージシャンの政治家としては、SPEEDの今井絵理子が2016年の参議院議員選挙で自民党の比例代表から出馬し当選しています。しかし神戸市議との『手つなぎ不倫』や、選挙応援に関するツイートで民主主義の根幹を否定するような『批判なき政治』を理想にかかげるなど、議員としての節操のなさや無知が批判の対象となりました。安室も今井と同列に扱われることはのぞんでいないでしょう」(業界関係者)

 ならば安室の政界進出の可能性はゼロかといえば、そうでもないようだ。

「やはりどこかのタイミングでかつぎ出したい人材であるのは確かでしょう。彼女は知名度が抜群なのはもちろんのこと、女性の支持層も厚い。さらに貧しい家庭に生まれ育ち、芸能の才能を見出されたことで現在の地位まで登りつめました。強力なハングリー精神の持ち主であることは間違いないでしょうから、胆力が求められる政治家向きといえるかもしれません」(同)

 やはり40歳での歌手引退は早すぎると思えるが、政治は彼女のセカンドステージにおける活躍の場となるのだろうか? 今後の展開に期待したい。
(文=平田宏利)

最終更新:2018/08/24 21:00

安室奈美恵、引退後に“政界進出”の可能性は?「今井絵理子よりは……」の声ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

百田尚樹の“変節”読み解く

 『永遠の0』(講談社文庫/単行本は太田出版、2006年)などで知られる小説家であり...
写真