日刊サイゾー トップ > 芸能  > テレ朝・富川アナの“おバカ質問”歴

小川彩佳アナを「下手」呼ばわりした富川悠太の“アホバカ質問”歴に「お前が言うな!」

テレビ朝日『報道ステーション』番組サイトより

『報道ステーション』(テレビ朝日系)でメインキャスターを務める富川悠太アナのイメージがダダ下がりだ。

 8月8日発売の「週刊文春」(文藝春秋)にて、同番組のサブキャスターを務める小川彩佳アナが9月末で降板するに至った舞台裏が報じられた。記事によると、富川アナからのパワハラめいた言動があったという。

「長年タッグを組んできた富川アナとの関係悪化が一因にあったといいます。小川アナは会議の場で、富川アナから『インタビューが下手だから』などと叱責されたり、本番で突然、打ち合わせにない質問をされて恥をかかされることもしばしば。小川アナは知人に『もう限界なの……』と漏らしていたそうです」(週刊誌記者)

 もっとも、これまで数々のトンチンカンな発言で視聴者を唖然とさせてきたのは、2016年に前任の古舘伊知郎からMCを受け継いだ富川アナの方だ。そのため、ネット上では「どの口が言っているんだ」「お前もたいがい下手だぞ」「そんなこと言える立場か」などと批判の嵐となっている。

「特番の『選挙ステーション』では、安倍晋三総理に憲法改正について見当違いな質問をして、『今なんとなく議論がかみ合わないのは、司会の方が法律と憲法をごっちゃにされているんですね』と苦笑される始末。また、昨年11月に横綱・日馬富士が引退した際の記者会見では、師匠の伊勢ケ浜親方に前の質問者とまったく同じ質問を何度も繰り出し、『それもさっき述べたじゃないですか』『同じ質問を繰り返さないでください』『(他の記者と)代わってください』と呆れられてしまっていた。また、北海道日本ハムへの入団が決まった清宮幸太郎選手に対し、メジャーで活躍する第一歩となることにかけて『今の気持ちを英語で表現すると?』など、くだらない質問をしてネット上で叩かれたことも。最近では6月の大阪府北部地震の際、下敷きになって死亡した女の子の同級生の子に『友達が亡くなったけど、どう思う?』などとガンガンに聞いている姿に批判が殺到したものです」(同)

 そのたびに、視聴者からは「アホだろ!」「バカすぎる」と辛らつな声を浴びた富川アナ。果たして小川アナを「下手」呼ばわりする資格があるのだろうか?

最終更新:2018/08/23 10:00

小川彩佳アナを「下手」呼ばわりした富川悠太の“アホバカ質問”歴に「お前が言うな!」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

和田アキ子『わだ家』閉店

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、4月1...…
写真
インタビュー

流通アナリスト解説マスク生産

 緊急事態宣言を5月中まで延長する方針が、安倍首相の会見で発表された。もう1カ月の外...
写真