日刊サイゾー トップ > 芸能  > 高嶋政伸に香川照之との対決を望む声

高嶋政伸の「顔芸半端ないって」! 『ハゲタカ』怪演に、香川照之との“対決ラブコール”続出!

テレビ朝日系『ハゲタカ』番組公式サイトより

「高嶋政伸の奇行と顔芸は、もはやお家芸」

「顔芸が激しい高嶋さんが、原作ではどんな感じなのか気になってしょうがない」

「高嶋弟の顔芸、マジ半端ないって!! あんな唇だけで下劣さ出すのできひんもん!!」

 8月23日放送の綾野剛主演のドラマ『ハゲタカ』(テレビ朝日系)第6話の視聴率が9.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。同作は綾野が“企業買収”のスペシャリスト・鷲津政彦に扮し、“ハゲタカ”と非難されながらも日本の名門企業を次々と買収、再生していくストーリー。第2部のラストとなった今回は、高嶋政伸の顔芸が炸裂し、視聴者から大反響が寄せられた。

「視聴率は前回から0.4ポイントの微減となりましたが、ドラマ満足度調査『オリコンドラマバリュー』では第2部に突入した第4話からポイントが急上昇しています。第2部で鷲津の敵として登場しているのが高嶋演じるPCメーカー『ファインTD』の社長・滝本誠一郎。高嶋の“怪演”が時代劇口調な綾野の演技と噛み合い、2人の対決をよりエンターテインメントに仕立てています。とりわけ6話では、鷲津の想定外の攻撃に対し、滝本は大金をチラつかせてけん制しようとするのですが、土下座、泣き落とし、そして恫喝と、さまざまな方法で手を引かせようとする。わずか数分のうちに次々と変わる表情は、まさに『顔芸』と呼ぶに相応しく、視聴者を『高嶋劇場』へ引きずり込みました。SNSでは『もはや職業“役者”やめて“金の亡者”でよくない?』といった声が飛び出たほどです」(テレビ誌ライター)

 他にもネット上で多く聞かれたのが、高嶋と“あの男”との共演を求める声だ。

「『香川照之との顔芸対決が観たい』という声が多く聞かれますね。香川の顔芸といえば、大ヒットドラマ『半沢直樹』(TBS系)で見せた膝をつくまでに5分以上要した土下座シーンが話題を呼び、以来、彼の代名詞となっています。高嶋の顔芸も香川とタメを張るレベルにまで達していますから、TBS系の日曜劇場などの重厚なドラマで、共に悪役として主人公との三つ巴対決なんてやれば、かなりの数字が期待でそうです」(テレビ関係者)

 高嶋が「姉さん、事件です」と言っていた時代が懐かしい?

最終更新:2018/08/28 19:30
こんな記事も読まれています

高嶋政伸の「顔芸半端ないって」! 『ハゲタカ』怪演に、香川照之との“対決ラブコール”続出!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

超問題作で大型新人監督がデビュー!!

 障害を抱えた兄妹が、犯罪に手を染めることで生きていく。片山慎三監督のデビュー作『岬...
写真