日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 欅坂46平手主演映画の興収ノルマは?

“カリスマ”平手友梨奈、主演映画『響 -HIBIKI-』の興収ノルマはいくら?

映画『響 -HIBIKI-』公式サイトより

 メディアが「カリスマ」と持ち上げるたびに“ハードル”は高くなる一方だ。

 映画初出演にして主演を務める『響 -HIBIKI-』の公開を9月14日に控える欅坂46・平手友梨奈のメディア露出が増えている。

 原作漫画が掲載されている「ビッグコミックスペリオール」(小学館)8月24日発売号では、役でもある主人公の天才女子高生小説家・鮎喰響に扮して表紙を飾っているほか、テレビ誌や女性誌、バラエティ番組などでも精力的にPR。その多くが、彼女について「圧倒的なカリスマ性」「唯一無二」「凄いオーラ」と評している。

 これには映画ライターも心配顔だ。

「彼女は初主演どころか映画自体が初めて。アイドル活動ではカリスマ性を見せているものの、それがそのまま女優の世界で通用するかは未知数です。東宝系295スクリーンでの封切りとなりましたが、ここまで大規模になっては、彼女にかかるプレッシャーも相当なもの。高評価であれば“演技もできるアイドル”としての地位を確立できますが、東宝にとっても平手にとっても大博打となりましたね」

 となると、「カリスマ平手」の格好がつく興行収入とは、いったいどれくらいが想定されるのだろうか。

「通常、東宝で300スクリーン規模なら10億円がノルマだといわれています。共演の北川景子と小栗旬は強いキャストですが、内容が学生向けなのに9月公開ですから、昼間は伸び悩むでしょう。恋愛ドラマでなく原作ファンが限定的なのもハンデです。西野七瀬ほか乃木坂46メンバー8人が登場した『あさひなぐ』は145館で初週は2位と健闘しましたが、ファンが一巡した後は伸びず、結局、4.2億円と惨敗。前田敦子主演の『もしドラ』は9.1億円でも爆死扱いされました。平手が“カリスマ”のメンツを保つには、298館で16.3億円を記録した広瀬すず主演の『ちはやふる -上の句-』超えが最低ノルマとなるでしょう」(同)

 とはいえ、公開前にもかかわらず各方面から絶賛の声が相次いで聞こえてくる“女優・平手”の評判。封切りが楽しみだ。

最終更新:2018/08/30 06:00
ページ上部へ戻る
トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』「かの国」との交易と文化交流

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

「高野さんを怒らせたい。」の革新性

 2日に更新されたYouTube「高野さんを怒らせたい。」の最新作が、公開24時間で20万再生を超えるスマッシュヒットとなっている。 「高野さんを...…
写真