日刊サイゾー トップ > 芸能  > 欅坂46平手主演映画の興収ノルマは?

“カリスマ”平手友梨奈、主演映画『響 -HIBIKI-』の興収ノルマはいくら?

映画『響 -HIBIKI-』公式サイトより

 メディアが「カリスマ」と持ち上げるたびに“ハードル”は高くなる一方だ。

 映画初出演にして主演を務める『響 -HIBIKI-』の公開を9月14日に控える欅坂46・平手友梨奈のメディア露出が増えている。

 原作漫画が掲載されている「ビッグコミックスペリオール」(小学館)8月24日発売号では、役でもある主人公の天才女子高生小説家・鮎喰響に扮して表紙を飾っているほか、テレビ誌や女性誌、バラエティ番組などでも精力的にPR。その多くが、彼女について「圧倒的なカリスマ性」「唯一無二」「凄いオーラ」と評している。

 これには映画ライターも心配顔だ。

「彼女は初主演どころか映画自体が初めて。アイドル活動ではカリスマ性を見せているものの、それがそのまま女優の世界で通用するかは未知数です。東宝系295スクリーンでの封切りとなりましたが、ここまで大規模になっては、彼女にかかるプレッシャーも相当なもの。高評価であれば“演技もできるアイドル”としての地位を確立できますが、東宝にとっても平手にとっても大博打となりましたね」

 となると、「カリスマ平手」の格好がつく興行収入とは、いったいどれくらいが想定されるのだろうか。

「通常、東宝で300スクリーン規模なら10億円がノルマだといわれています。共演の北川景子と小栗旬は強いキャストですが、内容が学生向けなのに9月公開ですから、昼間は伸び悩むでしょう。恋愛ドラマでなく原作ファンが限定的なのもハンデです。西野七瀬ほか乃木坂46メンバー8人が登場した『あさひなぐ』は145館で初週は2位と健闘しましたが、ファンが一巡した後は伸びず、結局、4.2億円と惨敗。前田敦子主演の『もしドラ』は9.1億円でも爆死扱いされました。平手が“カリスマ”のメンツを保つには、298館で16.3億円を記録した広瀬すず主演の『ちはやふる -上の句-』超えが最低ノルマとなるでしょう」(同)

 とはいえ、公開前にもかかわらず各方面から絶賛の声が相次いで聞こえてくる“女優・平手”の評判。封切りが楽しみだ。

最終更新:2018/08/30 06:00
こんな記事も読まれています

“カリスマ”平手友梨奈、主演映画『響 -HIBIKI-』の興収ノルマはいくら?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

20代女性が7割の「パパ活」アプリ

 渡部篤郎主演、野島伸司脚本でドラマ化された『パパ活』(2017)のヒット以後、「パパ...
写真