日刊サイゾー トップ > 芸能  > 芸能界“エピソードトーク”の舞台裏

誇張もウソもやり放題? 売れっ子芸人が漏らした芸能界“エピソードトーク”の舞台裏

太田プロダクション公式サイトより

『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)、『ダウンタウンDX』(同)ほか、ゲストがエピソードを披露するトークバラエティ番組は大人気だが、芸能人が語るエピソードを聞いて「出来過ぎ」と感じることも多いはず。深夜のアイドル番組で、土田晃之やビビる大木がその実態を暴露した。

 “事件”が起きたのは、土田がハライチの澤部佑とともに司会を務める欅坂46の冠番組『欅って、書けない?』(テレビ東京系)の8月26日深夜放送分でのこと。この日の企画は、欅坂のメンバーがトークバラエティ番組に出た時のことを想定し、芸人からエピソードトークのやり方を学ぼうというもの。ビビる大木を講師に迎え、メンバーがエピソードを披露し、芸人たちが逐一ダメ出しするという形で番組は進行した。アイドル番組ウォッチャーのフリーライターが語る。

「まずメンバーの小池美波が、『ディズニー・シーの“シー”のことを“C”だと思っていた』というエピソードを披露すると、土田が『僕だったら、“ウチのばあちゃんが~”にします』と、さっそく“添削”。そして長沢菜々香が『小学校の時に、銀杏を拾って学校に行ったら、臭くて大騒ぎになった』というエピソードを披露すると、澤部が『銀杏の数は40個じゃなくて200個にしよう』、大木が『最後は銀杏をクラスで投げつけたことにしよう』と“指導”。大木が『作り話でイイんだから!』『トーク番組は、勝ちゃ良いんですよ!』と発言すると、スタジオは爆笑に包まれました」(フリーライター)

 もちろんこういった発言自体が、番組を盛り上げようとする1つのネタなのは分かるが、土田の「ウチのおばあちゃんが」という発言はいかにもリアルだ。ただ、お笑い芸人との交友もある芸能誌の記者の男性は、彼らのこういったやり方に同情する。男性はこう語る。

「視聴者の夢を壊すようで恐縮ですが、例えば『すべらない話』に出演する芸人が、番組用に用意しているネタを芸人仲間に披露し、みんなで意見を言い合ってネタを“ブラッシュアップ”していくのは当たり前の光景です。『オチが弱いな』とか『○○っていう設定にしたら?』といった具合です。番組の作り手側からすれば、大して面白くない話をダラダラされても迷惑なだけですし、司会者もそれは同じです。第一そんな話はカットですしね。結局『笑えてナンボ』ですよ。それがコンプライアンスに触れるものでなければ、芸人や芸能人が語るエピソードが事実かどうかなんていちいち確認しません」(芸能誌記者)

 ある程度、察してはいたものの「やっぱりそうだったのか」との思いを拭えないウソトークの実態。テレビ局には、「コンプライアンス」という単語はあっても、「モラル」という単語は存在しないようだ。

最終更新:2018/09/02 12:00

誇張もウソもやり放題? 売れっ子芸人が漏らした芸能界“エピソードトーク”の舞台裏のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

朝ドラ離れ加速!?『ちむどんどん』レビュー

NHKの朝ドラとしては珍しく賛否の否がうずまく『ちむどんどん』をなんとか楽しむレビュー!
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

高橋ヨシキ監督の長編デビュー作『激怒』

 誰もが暮らしやすい平和なユートピアを目指し...…
写真
インタビュー

エルフ荒川「吉本芸人はみんなギャル」

新型コロナに戦争、円安、物価高騰──暗い話題が多...…
写真