日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『報ステ』林美沙希アナが大出世?

『報ステ』外れて大正解!? 林美沙希アナが『スーパーJチャンネル』MCに昇格し“エース”の座狙う!

テレビ朝日アナウンサーズオフィシャルサイトより

 2016年3月まで、テレビ朝日系『報道ステーション』で天気を担当していた林美沙希アナが、10月から夕方の報道番組『スーパーJチャンネル』のメインキャスターに昇格し、大ベテランの渡辺宜嗣アナとタッグを組むことがわかった。

 林アナは同番組で、水曜から金曜のサブキャスターを務めているが、メインの竹内由恵アナが『報ステ』に異動するため、後任に抜擢を受けた。現在そのほかに、『サンデーステーション』『あいつ今何してる?』に出演しているが、10月からは『Jチャンネル』に、ほぼ専念するとみられる。

 明治大学情報コミュニケーション学部出身の林アナは、13年4月に同局に入社。1年目は『はい!テレビ朝日です』『やべっちFC~日本サッカー応援宣言~』などに出演。14年3月末から、『報ステ』でお天気キャスターを務めていたが、2年で降板し、『Jチャンネル』に異動した。

「『報ステ』はテレ朝の看板報道番組ですから、天気担当でも、なにかと注目されます。近年では“エース候補”とも言われた宇賀なつみアナは朝の情報番組へ移った後、結婚して男性人気がグッと下がりました。これまた“エース候補”と言われた青山愛アナは、バラエティー番組に回された末、留学名目で退社してしまいました。16年4月から担当している森川夕貴アナは、美貌は目立つものの、その人気はいまひとつ伸び悩み気味です。そうやって見てみると、『報ステ』で天気を担当した女子アナは、その後、あまり大成していません。その意味では、2年で『報ステ』を外された林アナが、報道でメインを張ることになったのですから、出世頭と言ってもよく、『報ステ』を外れて、“大正解”だったのではないでしょうか?」(女子アナウオッチャー)

 同局では、『報ステ』のサブキャスターが、報道部門の女子アナエースとの認識が強い。しかし、その座を7年半務めた小川彩佳アナが9月いっぱいで降板し、系列のインターネットテレビAbemaTVに移る。後任はフリーの徳永有美アナとなるため、報道エース的な存在が“不在”となる。竹内アナは10月から、『報ステ』で月曜から木曜のスポーツ、金曜のサブキャスターを担当するが、彼女の場合、どうしてもバラエティー、スポーツ色が強く、決して“報道向き”ではないのは明らか。

 そうなると、気がつけば、林アナが同局の報道・女子アナエースということになりそうで、まさに“大出世”だ。
(文=田中七男)

最終更新:2018/09/03 22:30

『報ステ』外れて大正解!? 林美沙希アナが『スーパーJチャンネル』MCに昇格し“エース”の座狙う!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

片山監督推薦の“韓国サスペンス作品”

――近年『新感染』『神と共に』など、国内でもメガヒット作を連発している韓国映画。そし...
写真