日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『報ステ』林美沙希アナが大出世?

『報ステ』外れて大正解!? 林美沙希アナが『スーパーJチャンネル』MCに昇格し“エース”の座狙う!

テレビ朝日アナウンサーズオフィシャルサイトより

 2016年3月まで、テレビ朝日系『報道ステーション』で天気を担当していた林美沙希アナが、10月から夕方の報道番組『スーパーJチャンネル』のメインキャスターに昇格し、大ベテランの渡辺宜嗣アナとタッグを組むことがわかった。

 林アナは同番組で、水曜から金曜のサブキャスターを務めているが、メインの竹内由恵アナが『報ステ』に異動するため、後任に抜擢を受けた。現在そのほかに、『サンデーステーション』『あいつ今何してる?』に出演しているが、10月からは『Jチャンネル』に、ほぼ専念するとみられる。

 明治大学情報コミュニケーション学部出身の林アナは、13年4月に同局に入社。1年目は『はい!テレビ朝日です』『やべっちFC~日本サッカー応援宣言~』などに出演。14年3月末から、『報ステ』でお天気キャスターを務めていたが、2年で降板し、『Jチャンネル』に異動した。

「『報ステ』はテレ朝の看板報道番組ですから、天気担当でも、なにかと注目されます。近年では“エース候補”とも言われた宇賀なつみアナは朝の情報番組へ移った後、結婚して男性人気がグッと下がりました。これまた“エース候補”と言われた青山愛アナは、バラエティー番組に回された末、留学名目で退社してしまいました。16年4月から担当している森川夕貴アナは、美貌は目立つものの、その人気はいまひとつ伸び悩み気味です。そうやって見てみると、『報ステ』で天気を担当した女子アナは、その後、あまり大成していません。その意味では、2年で『報ステ』を外された林アナが、報道でメインを張ることになったのですから、出世頭と言ってもよく、『報ステ』を外れて、“大正解”だったのではないでしょうか?」(女子アナウオッチャー)

 同局では、『報ステ』のサブキャスターが、報道部門の女子アナエースとの認識が強い。しかし、その座を7年半務めた小川彩佳アナが9月いっぱいで降板し、系列のインターネットテレビAbemaTVに移る。後任はフリーの徳永有美アナとなるため、報道エース的な存在が“不在”となる。竹内アナは10月から、『報ステ』で月曜から木曜のスポーツ、金曜のサブキャスターを担当するが、彼女の場合、どうしてもバラエティー、スポーツ色が強く、決して“報道向き”ではないのは明らか。

 そうなると、気がつけば、林アナが同局の報道・女子アナエースということになりそうで、まさに“大出世”だ。
(文=田中七男)

最終更新:2018/09/03 22:30

『報ステ』外れて大正解!? 林美沙希アナが『スーパーJチャンネル』MCに昇格し“エース”の座狙う!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

酒井萌衣が語る48とアイドル界

 今や、国内だけで300人を超える巨大組織となった48グループ。その公式ライバルとして...
写真