日刊サイゾー トップ > 芸能  > 誠子、詐欺メイクで美女に変身

尼神インター・誠子、“詐欺メイク”で美女に変身も賛否両論!?

尼神インター・誠子 公式Twitter(@seiko1204)より

 お笑いコンビ・尼神インターの誠子が、“詐欺メイク”で変身した姿をツイッターとインスタグラムに投稿。一見すると本人とは気づかないような変身ぶりに、ファンからは「やっぱり誠子ちゃんはしっかりメイクしたら美人さん」「ハリウッド女優みたい!」と称賛の声が上がっている。

 9月2日に誠子が公開したそれぞれの写真は、メイクアップアーティスト・JunJunによるメイクのもの。眉とアイラインが色濃く強調されており、ツイッターに投稿した写真には池田美優こと“みちょぱ”をもじったのか「せちょぱ」という文字が。インスタグラムの写真ではジャケットをずらして肩部分を露出し、口をわずかに開けながら流し目をキメる“セクシー系”に仕上げていた。

 誠子の変身に、ネット上では「モデルみたいな雰囲気でめっちゃ良いじゃん」「メイクだけでこんな色っぽくなるんやなぁ」「これは惚れる」といった称賛が相次いでいる。しかし一部では、「努力は認めるけど美人ではないと思う」「肝心の骨格までは変えられないからメイクで化けても美人さんには見えないな」といった声も。

「誠子がガッツリメイクを披露したのは今回に限ったことではなく、インスタグラムにはこれまでにも多数の“変身”写真が投稿されています。2017年9月には、ものまねタレント・ざわちんのメイクによって歌手のテイラー・スウィフトに。『#ざわちんさんすごい』『セイコースウィフト』といったコメントを添えた誠子でしたが、このときも『似てる!』『本物みたい』といった声と、『テイラー本人に失礼。全然似てない』『こういうのほんとやめてほしい』などの批判で評価が二分。ガッツリメイクに対しては『いつものナチュラルメイクの方がいい』という声もあり、誠子にとっては複雑な心境なのではないでしょうか」(芸能ライター)

 賛否ある誠子の変身写真だが、誠子本人はあくまでメイクやウィッグを使って雰囲気を変えているだけ。バラエティ番組で“お笑い芸人・ほんこんに似ている”とイジられることも多いが、自身の顔にこだわりを持つコメントが話題を呼んだこともあった。

「4月に配信された『「見てるだけで1億円」キャンペーン詳細をナマ発表!リアルカイジGP』(AbemaTV)で、誠子がドッキリのターゲットに。“1億円で全身美容整形”のオファーを受けましたが、誠子は『顔の整形はイヤ』『この顔で先輩にイジってもらえるからこの顔が気に入っている』と拒否しています」(同)

「綺麗になりたい」といった変身願望は誰でも持つもの。メイクを楽しむ分には好きに変身させてあげてはどうだろうか。

最終更新:2018/09/03 15:30
こんな記事も読まれています

尼神インター・誠子、“詐欺メイク”で美女に変身も賛否両論!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

岩井ジョニ男インタビュー!

 いま「おじさん」は、かつてないほど苦境に立たされている。ズレた発言、ズレたLINE...
写真