日刊サイゾー トップ > 芸能  > 米倉新ドラマは不安材料しかない!

米倉涼子『リーガルV』には不安材料しかない!「主人公の名前が読めない……」

YouTube テレビ朝日公式チャンネルより

「これが新しい挑戦なの?」と、ネット上では疑問の声が上がっている。

 米倉涼子が10月期のドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系)で主演を務めることが発表された。米倉主演で大ヒットを飛ばしている『ドクターX~外科医・大門未知子~』(同)と同じ木曜9時枠での放送で、今作では正体不明でスキャンダラスな元弁護士・小鳥遊翔子(たかなし・しょうこ)を演じるという。

「『ドクターX』の続編を期待する視聴者が多い中、米倉のほうから『新しい挑戦をさせてください』と、お願いしたそうです。髪も約20センチ切り、『ドクターX』のイメージを払拭しようとしているようです」(テレビ誌ライター)

 同ドラマは、弁護士資格を剥奪された米倉が、ペーパー弁護士の大学教授に法律事務所を開かせた上、もっともらしい嘘八百を並べてワケありの弁護士やパラリーガルをスカウト。悪魔のような傍若無人ぶりで彼らをコキ使い、どんなに不利な訴訟でも勝利(“V”ictory)を手にするため突き進んでいくという。

 しかし、内容を聞いたドラマファンは、「新しい挑戦」という言葉に疑問を感じたようだ。

「新作のタイトルや、主人公が無免許だという設定が『ドクターX』とほぼ同じ。大門は麻雀好きでしたが、今回は鉄道好きだとか。また、キャストの全貌は明かされていませんが、今のところは『ドクターX』の名物キャストである岸部一徳や陣内孝則、“御意3兄弟”の遠藤憲一、猪野学、野間口徹の名前はありません。重要な役どころである大学教授の役などは岸部にピッタリですが、彼らが出なければ物足りないし、出たら出たで代わり映えしない。どちらにせよマイナスにしかなりません」(同)

 ほかにも不安材料は盛りだくさんだ。

「ネット上では『小鳥遊』が読めない人が続出し、役名が頭に入ってこないようです。名前を略すと“たかしょう”となり、人気艶系女優と同じ点もイジリ材料となっている。弁護士ドラマとしてみると、『リーガルハイ』(フジテレビ系)、『99.9-刑事専門弁護士』(TBS系)という好視聴率ドラマがあり、比較されるのは間違いない。さらに同クールでは、織田裕二&鈴木保奈美コンビ復活のフジテレビ月9ドラマ『SUITS/スーツ』も弁護士モノであるだけに、質が高ければ、視聴者を奪われる可能性もあります。何よりも、『ドクターX』の続編を熱望するテレ朝自体が、ドラマのヒットを望んでいなさそうです」(テレビ誌編集者)

 不安材料しかない『リーガルV』。職業が替わっただけなら『ドクターX』でよかったのでは?

最終更新:2018/09/04 08:00
こんな記事も読まれています

米倉涼子『リーガルV』には不安材料しかない!「主人公の名前が読めない……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

ラグビーW杯、NZの魅力とは?

 空前絶後の盛り上がりを見せているラグビーW...…
写真
インタビュー

ファーストサマーウイカ登場!

 サイゾー読者的には、アイドルグループ「BiS」や「BILLIE IDLE」としての...
写真