日刊サイゾー トップ > スポーツ > サッカー  > 新生サッカー日本代表に思わぬ課題

新生サッカー日本代表に浮上した不安要素とは? 新10番・中島翔哉が抱える問題点

中島翔哉オフィシャルブログより

 9月11日、サッカー日本代表がコスタリカ代表と国際親善試合を行い3対0で快勝。同試合で10番を背負った中島翔哉は、ゴールの起点になるなど抜群の存在感を見せた。しかしサポーターからは、中島の問題点を指摘する声が多く上がっている。

 今回のコスタリカ戦は、今年7月に代表監督へ就任した森保一監督の初陣。新生日本代表は16分に相手のオウンゴールで先制すると、66分に南野拓実が代表初ゴールを奪う。さらに、伊東純也がアディショナルタイムにダメ押しの3点目を決めて勝利を飾った。

「南野や伊東のゴールも見事でしたが、同試合で躍動したのは新生10番の中島です。左サイドハーフで出場した中島は、得意のドリブルで相手のディフェンスを崩して試合を掌握。惜しくも得点は奪えなかったのですが、独創的なパスやシュートで観客を湧かせました。中島の活躍に、ネット上からは『中島ハンパないって! なんでW杯呼ばなかった?』『中島は1人だけ次元が違う。こんなに楽しい日本代表の試合を見るのは久しぶりだ!』『ドリブルはもちろんだけど、加速がハンパない。パスも普通の選手より出すテンポが早いし、素晴らしすぎた』『中島の技術の高さに脱帽。日本代表はこれから確実に強くなる』といった声が多く上がっています」(芸能ライター)

 コスタリカ戦のメンバー22人の内、ロシアW杯にも名を連ねていたメンバーは4人のみ。今回の試合では20歳の堂安律が代表デビューするなど、フレッシュなメンバーが活躍を見せた。“脱・おっさん化”に成功した日本代表だが、「不安要素もある」と前述の芸能ライターは指摘する。

「今回の日本代表は、W杯時から平均年齢が3歳も若返りました。大活躍を見せた中島は現在24歳。ゴールを奪った南野は23歳で、伊東は25歳です。急速に世代交代を進めましたが、今回の試合を見る限りメンバーチェンジは成功と言えるでしょう。しかしサポーターからは、『中島翔哉はおっさん顔してるよな』『中島翔哉、青髭が濃くて疲れたオッサンみたい』『中島はもう監督してそうな風格の顔』とのツッコミの声が。日本代表は今年4月に巻き起こった“ハリルホジッチ解任騒動”で、スポンサーが選手選考に深く関わっているとの噂が浮上中。南野や堂安は爽やか系イケメンなので問題なさそうですが、“疲れたおっさん”っぽい中島をスポンサーが受け入れてくれるのか不安が残ります。『おっさんのロシア遠足』と叩かれたW杯メンバーを入れ替えたのですが、おっさん問題がまたもや日本代表を悩ますかもしれませんね」(同)

 初陣を白星で飾った新生日本代表。今後の課題は、中島をイメチェンさせることなのかもしれない。

最終更新:2018/09/12 19:00

新生サッカー日本代表に浮上した不安要素とは? 新10番・中島翔哉が抱える問題点のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

麒麟・川島の塩と手榴弾

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

東海テレビが捉えた報道の自画像

 昨年から、放送関係者の間で「絶対見たほうがいい」と「裏ビデオ」のように出回り、さまざ...
写真