日刊サイゾー トップ > 芸能  > 少女時代が新曲リリースの意味

TWICE、防弾少年団……K-POPブーム再興の中で“終わった”少女時代が新曲リリースの意味

『Lil’ Touch1st Single Album) KIHNO KIT+Photocard+Folded Poster [KPOP MARKET特典: 追加特典フォトカードセット] [韓国盤]』(SM)

 TWICEや防弾少年団(BTS)など、日本では10代を中心に相変わらずK-POP人気が高く、現在は第3次韓流ブームと言われている。そんな中、すでに終わったグループと目されていた、少女時代が久しぶりの新曲を配信し、健在ぶりを示している。

 KARAとともに第2次韓流ブームを牽引した少女時代だが、正確にいうと今回活動しているのは、メンバーのテヨン、サニー、ヒョヨン、ユリ、ユナの5人による同グループの新ユニット「少女時代-Oh!GG」。新曲「Lil’ Touch」は5日に配信が開始されるや否や、韓国をはじめ世界16カ国の音楽チャートで1位を記録している。

「少女時代は“高級感”とでも言うのでしょうか、最先端のダンスミュージックを採り入れた高い音楽性と綿密に練られたプロモーション戦略で、他のK-POPガールズグループとは一線を画す存在でした。今回の新曲もこれまでの評価に違わない出来で、巷のアイドルグループを寄せ付けない貫禄すら感じさせます」(韓流雑誌編集者)

 韓流ブームの終焉とともに日本での露出が激減したため、凋落した印象が強い少女時代だが、実際はその後も活動の足場を中国に移し、アジア全土で人気を博していた。だが、2014年にメインボーカルのジェシカがグループを脱退したのを契機に、人気に陰りが見え始める。

「ジェシカが個人で行っていたアパレル関連のビジネスをめぐって、所属事務所のSMエンターテインメントとの関係がこじれたのが、脱退の原因でした。実はK-POPグループには“7年目のジンクス”というものがあって、多くのグループが7年目を迎えると脱退者が出るなどして、解散に至っているんです。日本では少女時代を上回る人気を誇ったKARAも、7年目の14年にニコルとジヨンが脱退し、その後のグループ崩壊につながりました。韓国では芸能事務所とタレントの契約期間が最長7年であるため、契約の見直しを機に事務所とのトラブルが表面化してしまうのが原因だと言われています。ジェシカの脱退も、ちょうど7年目の出来事でした」(同)

 ジェシカを欠く8人体制でグループは存続したものの、以前ほどの音源セールスやコンサートの集客が望めず、メンバーのソロ活動が目立つようになる。さらに、17年にティファニー、スヨン、ソヒョンの3人のメンバーが所属事務所との契約更改を拒否。少女時代に解散説がささやかれるようになる。

「メンバーの所属事務所が違っても、少女時代として活動できないわけではないですが、ちょっと現実的ではない。解散こそ表明していませんでしたが、各メンバーのソロ活動も軌道に乗っているので、このまま自然消滅するのだと、誰もが思っていました。今回の新曲は残ったメンバーによる少女時代-Oh!GG名義なので、事務所と契約更改しなかった3人は実態はともかく、依然として少女時代のメンバーという扱いなのでしょう。もっとも3人がグループに合流する可能性は、限りなくゼロに近いですが。しかし、7年目のジンクスを乗り越えたという意味で、所属事務所は上手い落としどころを見つけたと思います」(同)

 少女時代-Oh!GGは、新曲リリースに伴う歌番組への出演などはないとしている。つまり、パーマネントな活動が目的ではなく、“少女時代は解散しない”と意思表示するためのユニットなのだろう。

最終更新:2018/09/18 12:00
こんな記事も読まれています

TWICE、防弾少年団……K-POPブーム再興の中で“終わった”少女時代が新曲リリースの意味のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

宮島英紀の「どりこの」発掘ルポ

 我々が生きている現在は、過去の歴史の結果として存在している。小学校から大学まで続く...
写真